LOGIN

水中に魚がいることの証明としてのヤッチーニンフ

今までのルースニングとは違うメソッド

FlyFisher編集部=写真と文


《Profile》
佐藤 渉(さとう・わたる) 青森県黒石市在住。フライフィッシングクラブ・YIS会員。ホームグラウンドは自宅からも近い浅瀬石川。とにかく親切に教えて頂き、その人柄から佐藤さんの周りは常に楽しい空気に包まれていた
 
この記事は2021年10月22日発売のFlyFisher MAGAZINE Mid Autumnにて掲載された「やはり、水中にはもっと魚がいた」を再構成したものです。


動画と合わせてお楽しみください!
水中を見る、ヤッチーニンフ

谷地田正志さんより継承したシステム


―― このシステムの特徴と成り立ちを教えてください

佐藤 この釣り方はマーカーを使ってニンフを沈める釣り方、ルースニングのひとつです。大きな特徴としてはマーカーの形、そしてその下をリードフライ、ドロッパーのダブルニンフにすることですね。

そもそもこの釣り方は、もう亡くなられてしまったのですが、秋田の谷地田正志さんという、私が師匠と呼ばせていただいている方に初めて習いました。
今では、谷地田さんに敬意を表して「ヤッチー式ダブルニンフ・システム」略して「ヤッチーニンフ」と呼ぶようになりました。

最初は市販のマーカーを使って楽しんでいたのですが、マーカーとダブルニンフが付いているため、何か違和感があってキャストがぎこちなくなっていたのです。それでマーカーを自分で作ってみようとフォーム材を削ったり丸めたりしてやっていましたね。

この日は雨の降る厳しい状況だったが、天候に関係なく釣っていく

ヒントとなった円錐ウキ


―― 現在の形のマーカーになるまで、試行錯誤はありましたか?


※冬季釣り場一覧は有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2021/12/10

目標達成致しました!ありがとうございました。

100%超えました!

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2022年6月号 Early Summer

【特集】面白い人の、面白いタイイング

今号の特集はストレートに面白いタイイングを集めてみました。ご登場いただいたのは、渓流、本流、湖、管理釣り場のエキスパートたち。きっと「なるほど〜」と唸らされるとともに、フライタイイングがいかにクリエイティブな作業であるかを再確認させられます。
また、石垣島のトリップガイドや、さまざまに解釈されるハイスピード/ハイラインも取り上げています。
これからの季節、フライフィッシングはどこもベストシーズンとなっていきます。タイイング特集、ぜひ皆様の釣りに役立ててください!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING