LOGIN
海人スタイル奄美

夢を耕す釣り、の動画

スムーズなキャスティングにもご注目!

FlyFisher編集部=写真と文

FlyFisher MAGAZINE 2022 Early Spring号発売になりました!



誌面中盤には和氣恒久さんのシーバス釣り&巨大フライの記事がありますが、その釣行風景の動画です。



マグナムなフライをマグナムなタックルで投げてらっしゃいます。

フライの動きもさることながら、注目していただきたいのはラインのさばき。

和氣さんたちは、ピックアップ&レイダウン2回でヘッドを出し、その次でシュート、というキャスティングを繰り返します。一度のピックアップ&レイダウンでほぼ決まった長さをのばし、とてもスムーズ。

取材中、一度もライントラブルを起こさなったと記憶しています。

トラブルの大きな原因のひとつは、ラインのヨレ。

和氣さんはヨレが気になったら、いったんフライを外し、ボートの移動中にリールからバッキングラインまで引き出して水に流して解消しています。

「こうするとけっこうすぐ、にヨレが取れますよ」

とのことでした。


そしてこちらが


ステゴザウルス2匹(頭?)。

ロールでピックアップしようとしても抵抗が大きすぎて、まず持ち上がってきません(笑)。



なにしろこんなボリュームですから。



69ページの中段の写真キャプションにあるフォーム2枚重ねスタイルはこんな感じです。



こちらは「空迷彩」のラインバスケットの底。

67ページの写真キャプションにあるとおり、タンク式ポールスタンドの上に円形にカットした人工芝。そこにナイロンカッターを生やしています。

「突起はタイラップバンドでもよいのですが、それだと折れちゃうんです。その点草刈機のカッターは調子がいいです」。


ちなみに、ボートに設置されている筒状のロッドホルダーには……、


ラインをこうしてスプールに1回転させて収納すると、スムーズに出し入れができるそうです。

豪快な釣りですが、和氣さんの所作や考え方は本当に緻密です。

勉強になりました!






2022/1/24

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING