LOGIN

ダンケルド&マーチブラウンを巻く

ウエットの定番2本

安田龍司=解説
安田 龍司(やすだ・りゅうじ)
1963年生まれ。愛知県名古屋市在住。ストリーマーやウエットフライの釣りを得意とし、
地元中部の長良川、福井の九頭竜川、北海道の尻別川や十勝川など各地の本流河川でサツキマス、サクラマス、ニジマスなどを長年ねらう。
豊富な釣りの経験と、正確で無駄のないテクニックに裏打ちされたタイイングの腕前も非常にレベルが高い
この記事は2014年2月号に掲載されたものを再編集しています。

古典パターンを再現しつつ、丈夫でよく泳ぐ、釣り場で信頼できるフライに仕上げる

鮭鱒類を刺激する鮮やかなオレンジ色のハックルと、美しいブロンズマラードのウイングの組み合わせから、日本でも抜群の人気を持つダンケルド。高校生の頃、初めてこのパターンをカレンダーの写真か何かで見たという安田さんも、まずはその見た目に魅かれたという。その後、実際に巻くようになると、ウエットの釣りばかりしていた20代にはメインフライのひとつになった。当時はまだ国内の本流をウエットでねらう人も少なく、この目立つフライはアマゴ(サツキマス)にもニジマスにも効果が高かった。ただし、本当に機能するフライに仕上げようとすると、気を付けるべき点もいくつか見えるようになり、なかでも間違えないようにすべきポイントは「ハックルとウイングのボリュームのバランス」だという。

全体にオーバーボリュームのフライは、まず釣果が不安定になる。さらに、特にフックに軽めのものを使った時は、ボディーハックルが多めでウイングが少なめだと水中でフライがひっくり返りやすい。安田さんはウエットフライ全般に関して、経験的に大きめのウイングになるほど、巻き上がったフライの見栄えはよくなる一方、魚の反応は落ちると考えていることもあり、「ウイングは厚くしすぎず、ハックルは巻き過ぎない」点を必ず押さえるようにしている。ただ、ウエットは流れを受けた時の生命感も非常に大切。そこでハックルは少なめを意識して付けるものの、ファイバー自体は「おそらく普通の人より長め」にすることが多いそうだ。具体的には、ダンケルドのボディーハックルは、ストークの片側のファイバーは必ずむしる。また、流れの緩い場所でも使いやすいボディーハックルが多めのものがほしいと思った時には、その分、ウイングを片側2枚(合計4枚)にして厚みを持たせるなどの調整を行なっている。

一方のマーチブラウンは、「いかにも釣れそうな虫っぽさを備えたウエットフライ」として、バリエーションに加えるために巻くようになったというパターン。派手なフライや地味なフライにはそれぞれ役割があり、安田さんの場合、後者の性能を持つものとしては、一般的に人気のあるシルバー・マーチブラウンよりも、このマーチブラウンのほうが「釣れるべくして釣れる」性能をより感じている1本だという。ウエットフックにアップライトウイングで巻くものがカゲロウのイマージャーとしては本来のパターンだが(ここではそのパターンを紹介)、大きめのフックサイズにホリゾンタルウイングに巻けば「日本ではヒゲナガのイマージャーのイミテーションとしても非常に効果的」というバリエーションになる。

 
※このコンテンツは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2019/2/26

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING