LOGIN
アカサカ釣具

超ショートホールで飛ばす

トーナメントキャスティングの現在

岡本堅史=レポート
スロバキアのLucia Gurska選手。オレンジのホールディングラインと黄色のランニングラインの結び目が胸のエンブレムの下にあることから、写真はシュート時に手を離した瞬間だと分かる

純粋に距離を競うキャスティングトーナメントでは、普通の釣り人には聞き慣れないテクニックも存在する。そのひとつが、この「超ショートホール」。なぜ短いホールが、トーナメントの場で行なわれているのか? その理論を、女子の世界チャンピオンであるAlena Klauslerさんに聞いた。
この記事は2015年3月号に掲載されたものを再編集しています。

純粋に飛ばすために

フライキャスティングに限らず、遠くに飛ばす目的でロッドを使う場合は、より重い負術がかけられる長くて硬いロッドが有利といえる。しかし、そのようなロッドを使ったとしても、使い方を間違えると、逆に「飛ばない」結果を生み出しかねない。

遠くに飛ばすためにトーナメントキャスティングで使われ始めたダブルホールというテクニック。今では一般的な技術として、多くのフライフィッシャーたちが、その恩恵をうけている。

トーナメントキャスティングから生まれたテクニックには、まだ広く知られていないものもある。実際の釣りにも使えるものが、まだまだ数多く存在しているのだ。そのひとつとして、今回は超ショートホール・テクニックを紹介したい。
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2024/3/5

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING