LOGIN

1軍ニンフのデザイン考

表層を流すニンフほどイミテートを意識

里見栄正=解説

流下する虫に似せるのか、ビーズヘッドを使うのか……。ニンフを作るうえで気になるシルエットとウエイト、そしてダビング材の使い方を、水中の釣りを得意するフライフィッシャーが、1軍フライとともに解説。
この記事は2017年1月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
里見 栄正(さとみ・よしまさ)
1955年生まれ。群馬県太田市在住。渓流のドライフライ、ニンフの釣りに精通しており、全国でスクールを行ないながら、さまざまなメディアでフライフィッシングの魅力を発信している。シマノ社のフライロッドの監修にも携わっている。

シルエット

<流すタナでスタイルを変化>
メインで使用しているのは、MSCタイプのビーズヘッド・ニンフと、フェザントテイル・ニンフなど。ニンフのシルエットに関しては、ねらう魚が付いている場所によって多少変化させるようにしている。

ボトムに近いタナを流す時ほどファジーな感じのパターンで、見た目のリアルさよりも虫としての存在感や生命感を重視したものを結ぶようにしている。
フェザントテイル
●フック……TMC100 or TMC101 #14~20
●スレッド……8/0ブラウン
●テイル……フェザントテイル
●リブ……コパーワイヤ
●アブドメン&ウイングケース……フェザントテイル
●ソラックス……コパーワイヤ
※リブのワイヤをそのままソラックスに使用して、細身に仕上げたフェザントテイル・ニンフ


一方、表層付近の魚やライズねらう場合には、ある程度サイズやシルエットを考慮したものを使っている。

表層を意識している魚は、実際捕食しているものと極端にかけ離れているものには反応が悪い傾向があるようで、これはドライフライと同じ考え方で対応している。

ちなみにそれ以外、中層や底層に定位している魚は、“エサらしき”流下物には口を使ってくれる確率が高く、ある程度汎用性を持たせたシルエットで充分に対応できると考えている。
カデイスピューパ
●フック……TMC111 or TMC2488 #14~18
●スレッド……8/0各色
●リブ……フラッシャブー
●アブドメン……シルクダブ
●ウイング……フェザントテイル・ウエブ
●ソラックス……ピーコックハール
※ウエイトは特に入れず、フックの重みで水に馴染ませ、水面直下などで使用

ウエイト

くビーズのアピールカにも期待>
ウエイトはビーズヘッドを使うことが多い。ブラスとタングステンの2タイプを主に使うが、タングステンの場合は特に深いタナにフライを沈めたい時に選んでいる。

ただし表層を意識している魚に対してのニンフは、イミテートを重視するという点からもビーズではなくワイヤなどで重さを得ている。ちなみにビーズヘッドのカラーに関しては特に気にしていないが、フライのワンポイントとなる“光もの”的な要素も得られると考えている。
イマージャー
●フック……TMC100 or TMC101など#12~18
●ウエイト……ゴールドビーズ
●スレッド……8/0各色
●テイル……フェザントテイル・ウエブ
●リブ……ファインワイヤ
●アブドメン……フェザントテイル
●ウイング……フェザントテイル・ウエブ
●ソラックス……ヘアズイヤーとラビットファーのミックス
※ウイングはV字に分けるようにして取り付けている。ビーズなしのパターンも多用

ダビング材

くソラックスはよりファジーに>
ヘアズイヤーとラビットファーをミックスさせたものを多用しているが、これに光沢のあるシンセティックマテリアルを混ぜることもある。

ダビング時、アブドメン部分はパターンやその時の気分によって、ダビングブラシなどで掻き出したり、出さなかったりするが、ソラックス部に関しては、どのパターンでも必ず繊維を掻き出すなどの一手間を加えている。 ビーズヘッド(MSCタイプ)
●フック……TMC3769 #10~16
●ウエイト……ビーズヘッド
●スレッド………8/0各色
●リブ……ファインワイヤ
●オーバーボディー……フラッシャブー
●アブドメン&ソラックス……ヘアズイヤーとラビットファーのミックス
※ソラックス部により濃いカラーを配置するように意識している


2018/3/9

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING