LOGIN

送り込むフライ選択

優先するのは投けやすさ

天海 崇=解説

ライズに出会った時に天海崇さんがダウン&アクロスで使用する「投げやすさ」と「操作性」を優先させた、風の中でも扱いやすいフライを紹介します。
この記事は2012年4月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
天海 崇(あまがい・たかし)
栃木県佐野市在住。春は鬼怒川渡良瀬川、利根川といった本流のライズねらいに足繁く通う。以降は里川でマッチング・ザ・ハッチの釣りを楽しむ。そのほかにも、シーズン中は本流のサクラマスや北海道遠征、湖の釣りなど、幅広いフィールドに足を運んでいる。

「使いやすい」という基準のライズ用フライ選択

関東周辺の渓をメインに釣り歩く天海崇さんは、春先のフライボックスの中にダウン&アクロス専用のフライを常備している。

渓流に加えて、鬼怒川や渡良瀬川といった本流域にも通っており、そうした場所では風の強く吹いている状態での釣りも多く、キャスト時にはできるだけトラブルを避けたい。

フライはまず回転しにくいことが前提となり、またプレゼンテーションキャストはストレートラインを基本としているので、ターンのしやすさも重視する。ダウン&アクロスの釣りでは魚に気付かれないよう、アップストリームの時に比べて遠めからアプローチすることが多い。

特に広い本流のフラットでクルージングしながらライズする魚をねらう場合は、低い姿勢から、時には20mを超えるプレゼンテーションキャストも必要になる。そんな時、天海さんは投げやすさ優先で「スパークルダン」を結ぶ。
スパークルダン
●フック……TMC103BL 各サイズ
●スレッド……モノスレッドS・各色
●シャック……ズィーロン・各色
●アブドメン……グースバイオット・各色
●ソラックス……スーパーファインダブ・各色
●ウイング……ディアヘア
コントロールしやすいため、ダウン&アクロスでよく使うフライ。風のある状況下でロングキャストが求められる時に重宝する。視認性はそれほどないが、CDCとは違う水面の捉え方に期待して使っている。


また、もうひとつの要素として、フライ操作のしやすさも大切にしている。「プランC」はフタバコカゲロウを意識したイマージャーやトラップトに見えるパターンだが、ナチュラルに流すほか、ひとつにまとめてあるウイングをカットしてほぐせば、ソフトハックルのようになるのが特徴。

これを水面下に入れてスイングさせる、あるいは浮き上がらすといった演出で使うのだ。
プランC
●フック……TMC212Y 各サイズ
●スレッド……モノスレッドS・各色
●テイル……レモンウッドダック
●アブドメン……ターキーバイオット・各色
●ソラックス……スーパーファインダブ・各色、CDC・イエロー
●インジケーター……CDC・イエロ―
●ウイング……ヴェインファイバー・各色
ドライフライとしてはもちろんだが、ウイングやインジケーターをカットすると、水面下で浮上させたり、スイングさせたり、ソフトハックルと同じ使い方ができる。


ちなみに普段はアップストリームで使っているフライも、ここぞというライズに出会った時にインジケーターをカットするといったアレンジを行なうことで、ダウン&アクロスに対応できるものも多い。

たとえば「ラストチャンス・クリップル」のインジケーターであるCDCをカットして魚をヒットさせたことも少なくないそうだ。 ラストチャンス・クリップル
●フック……TMC103BL 各サイズ
●スレッド……モノスレッドS・各色
●テイル……レモンウッドダック
●シャック……ズィーロン各色
●アブドメン……ターキーバイオット・各色
●ソラックス……スーパーファインダブ・各色
●ウイング……CDC各色
●ハックル……コックネック
アップストリームの釣りでも使うが、ダウン&アクロスでも使用する。特に水面直下で魚が捕食しているような状況下で用いる。その場合はCDCをカットして、フロータントなしで流し込む。


2018/4/19

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING