LOGIN

ハックルの基礎知識。3/3

インディアンケープ編

稲見一郎=解説

ハックルはさまざまなスタイルのドライフライに欠かせない素材。使用頻度の高いマテリアルだからこそ、適材適所で、よりよいものを選びたい。これまではジェネティックのコックネック、コックサドルについて解説したが、今回はインディアンケープについても触れてみたい。
この記事は2014年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
稲見 一郎(いなみ・いちろう)
東京都板橋区市在住。フライショップ「ハーミット」店主。渓流はもちろん、本流や湖、ソルトまで幅広く楽しむ。ショップの利用客からハックル購入の相談を受け、アドバイスする機会も多い。
●ハーミット http://hermit-jp.com/

大型のドライフライ用、もしくはストークに注目

インディアン・ハックルともいわれ、タイイング用に養鶏されたジェネティック・ハックル以外のハックルを指す。

ニワトリ自体のサイズが小さいので、ケープも小さめのものが多いが、フェザーは大振りで、ジェネティック・ハックルに比べるとファイバーが柔らかいのが特徴。
タイイング用に生産されていないインドコックは、1本1本のフェザーが大ぶりな印象を受けるが、ファイバーが柔らかく、ドライフライ以外の用途も多い。1本のフェザーが短いのが特徴で、ドライフライではサイズの大きいものに数本使用してハックリングするとちょうどよい

#12ほどのドライフライのハックルに適したサイズは多いが、それより小さいサイズに合ったフェザーは少ない。そのため、大型のドライフライや、ウエットフライのスロートなどに使用されることが多いが、1本のフェザーが短いので厚めにハックリングしたい場合には、2本束ねて巻くとよい。
インドコックのフェザー。ジェネティックハックルに比べて、フェザーのテーパーが強い場合が多い

またインディアン・ハックルは、ストークボディーへのタイイングには欠かせない素材といえる。ジェネティック・ハックルに比べてストークが太く、さらに天然(ナチュラル)カラーのケープでは、ストークまでしっかり色が入っているものがあるので、その色を生かしてストークをボディー材としてタイイングできる特徴がある。
ボディー、ハックルともにインドコックで巻いたランズ・パティキュラ。インドコックはストークボディーのタイイングにぴったり。芯までしっかりと色がついているのが特徴だ

ほとんどのものはジェネティック・ハックルに比べて安価で販売されている。基本的にインドコックの場合グレード表示はなく、ジェネティック・ハックルに比べて個体差も大きいので、フェザーやストークのハリ、サイズを吟味して、どんなフライに使うのかを想定したうえで好みのケープを選びたい。

2018/12/5

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING