LOGIN

ハックルの基礎知識。1/3

コックネック編

稲見一郎=解説

ハックルはさまざまなスタイルのドライフライに欠かせない素材。使用頻度の高いマテリアルだからこそ、適材適所で、よりよいものを選びたい。今回はハックルのなかでも、とりわけ使用頻度の高いコックネックについて解説。
この記事は2014年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
稲見 一郎(いなみ・いちろう)
東京都板橋区市在住。フライショップ「ハーミット」店主。渓流はもちろん、本流や湖、ソルトまで幅広く楽しむ。ショップの利用客からハックル購入の相談を受け、アドバイスする機会も多い。
●ハーミット http://hermit-jp.com/

自分の使いたいハックルを見つけるためには、巻きたいフライを想定して選ぶことが基本。 メーカーによっては、ハックルにグレードや推奨用途を示しているものがあり、基本的にはそれに従った使い方で問題ないが、マテリアルの特性を理解しておくことで、より適材適所のタイイングができるはず。

ここでは、使用頻度の高いジェネティックのコックネックについて、その効果的な用途や、失敗しない選び方を、東京都千代田区のショップ「ハーミット」の稲見一郎さんに聞いた。

使いたいフェザーを捜す

コックネックは、ドライフライの定番のマテリアル。主な使用用途はハックルとテイルになるが、一つのケープからさまざまな大きさのフェザーが取れるので、多くのサイズのフライに使うことができるのが最大の特徴。

また、腰に近い部分の大きいフェザーはストリーマーのウイングなどにも使用することができ、汎用性も高い。ファイバーにも張りがあるので、水面から高く浮かせたいドライフライなどのタイイングにも最適だ。
コックネックは一つのケープからさまざまなサイズのフェザーが取れるので、はじめに買う場合、また使用用途を限定しない場合におすすめのハックル

コックサドルに比べて、ストーク(軸)が短いのが特徴で、首に近いフェザーはよりファイバーが短く、腰に近づくほど長くなるので、巻きたい大きさに応じてハックルを選べる。
1枚のケープでも生えているフェザーのサイズは大きく異なる。ストークの太さとファイバーの長さが、どのようなパターンに適しているか、ひとつの目安になる。ちなみに、写真は下にいくほど首に近いフェザーとなる

コックネックは、首に近い部分ほどフェザーが細かくなる。極端に短いフェザーもミッジ用のハックルとして利用可能

近年のジェネティックハックルのグレードのよいものは、一本のフェザーで何本ものフライを巻くこともできる。ホワイティングやメッツなどのメーカーは、ハックルのグレードを表示しているので分かりやすいが、基本的には、ファイバーが密に生えているものほど上質なハックルとなる。

購入の際は、自分が巻きたいフライに適したサイズのフェザーが多く生えているものを選びたい。
ホワイティング、メッツなどのメーカーでは、ハックルにグレードを設定している。いまひとつフェザーのサイズと量にピンとこない場合は、一つのケープでどのくらいの本数のフライが巻けるのか、ショップの人にたずねてみるのも手だ

ショップでは一言断れば、パッケージから出して見ることができるところも多いので、実際に手に取って確かめてみるのが一番だ。また、ストークがよじれていないか、フェザーに光沢があり、適度に脂がのっているかといった部分も見ておきたい。

あまり乾燥しすぎていると、タイイング中にストークが切れやすくなってしまう。

2018/11/29

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING