LOGIN
Bibury Court

フラッツスライダー

ボディーマテリアルは横に張り出させているが、スリムに成形した。リトリーブ系とヒラヒラ系の中間といえるソルト用フライ

鈴木 寿=フライタイヤー

フラッツスライダー

 

ボディーマテリアルは横に張り出させているが、スリムに成形した。リトリーブ系とヒラヒラ系の中間といえるだろう。愛知県のプロショップ・ワチェットの鈴木寿さんが最近愛用しているフライだ。

 

◆関連記事

速く見せるorゆっくり見せる

EPフラッタークラブ

クリスタルマンティス・シュリンプ

EPカービープロウン

 

 

 

Material

・フック……がまかつS13S-4H4S BONEFISH #4

・スレッド……ダンビル140 デニール・ダークブラウン

・アイ……チェーンボール S またはM

・テイル……フォックステイル・ブラウン、ミッジレインボーフラッシュ・ピーコック、パラシュートポスト用ヤーン・FL オレンジ

・ラバーレッグ……マイクロクラッシャーレッグス・タンホワイトおよびブラウンクリア

・アイ(目玉)……自作アイ

・ボディー……EP ファイバー・ライトオリーブ、ゴールデンオリーブ

 

 

 

タイイングの手順

 

Step1

フックをバイスにセットし、下巻き後チェーンボールを取り付ける

 

Step2

フックをキールスタイルにセットし直しシャンク全体に下巻きをする

 

Step3

ミッジレインボーフラッシュを折り返して2本にしてシャンクに取り付ける

 

Step4

マイクロクラッシャーレッグス・タンホワイトを折り返して2本にしてシャンクに取り付ける

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2023年3月号 Early Spring

【特集1】南の島のフラットフィッシング

【特集2】水生昆虫小宇宙2023(おもに)メイフライ編

ここ数年、急速に広がっている日本のフラットフィッシング。 南のフィールドが開拓され、これまでメジャーだったクロダイとトレバリーに加えて、さまざまな対象魚が注目されています。 フィッシングガイドの数が増加していることも、この釣りをさらに楽しみやすくしてくれています。 まだまだ試行錯誤が続きますが、今号では、現時点でのメソッドやフライパターンなども紹介します。 また、「水生昆虫小宇宙2023」として水生昆虫研究家/写真家の刈田敏三さんによる解禁当初に注目すべきメイフライを解説していただいています。刈田さんがこれまでずっと提言しているように、私たちが見るべきは「ハッチ」ではなく「ドリフター」です。これらの虫がどのような形態で流下してくるかのサンプル写真が並びます。 さらに、さりげな添えられた刈田さんのフライパターンは長年研究を重ねてきた年輪とすごみが感じられます。


2023/2/16

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING