LOGIN

表紙を飾った、あのリールの細部は?

100年前の『Perfect』&『Bouglé 』

FlyFisher編集部=写真と文
名品は、箱もまた堅牢

『FlyFisher』2018年 Early Spring の詳細はこちら

2018年1月に発売された季刊『FlyFisher』で表紙を飾ったのは、1890年ごろに製作された、ごく初期のハーディー「パーフェクト」。

誌面では表紙も含めわずかに2カットしか掲載できなかった。しかも同時に持ち主の方よりお借りした「ブグレ」に至っては、細部まで分かるようなカットはない……。

そんなところで「その細部をこそ見たい!」というお声もいただき、読者の方々の玩物喪志ゴコロをさらにくすぐるべく、ここではきちんと細部まで分かるように複数のカットでご紹介しておきたい。

100年以上も前に作られたリールを目にすることは、ほとんどない。この機会に目に焼き付けてみたい。


Perfect <パーフェクト>

トレードマークの刻印もはっきりとしている。この面は誌面でも登場した

こちらが誌面では見えなかった裏側

水辺に立つ男どもの、がさがさにひび割れた指で何度となくいじられたであろうレギュレーター部分。ブリッジ(ガード)は磨かれて、にぶい光を放つ

アーバーにも穴が開けられている。それでも素材の厚みのせいか、ずっしりと重い

金属を曲げただけ、というような無骨なラインガードが、逆に機能美を感じさせる

Bouglé <ブグレ>

誌面では、ほぼオマケのような扱いで紹介されたブグレ。しかしこちらももちろん逸品である。おそらく1900年代のもの

持ち主の方によれば、もしかしたらフット部分は新しい時代のものかもしれないとか

パーフェクトに比べると、レギュレーター周りのデザインは丸みを帯びて、若干洗練されたような……

ブグレの内部。チェックシステムのパーツは時代ごとに変化がある

2018/2/21

最新号 2018年9月号 Summer

涼を求め、標高の高い源流へ足を延ばしたくなる夏。今号では、豊かな森を流れるイワナの川を旅します。大らかにフライをくわえてくれる尺イワナに癒されたい方は、ぜひページを繰ってみてください。釣り人なら誰もが見たくなる、ぽっかりと浮いた渓魚たちの姿や、東北の白神山地から流れ出す渓谷など、美しい写真をたっぷり掲載しています。 さらに夏休み、お盆休みなどで遠征をしたくなるこの季節、釣行プランの参考のため、日本の北と南の釣りを紹介。北海道でビッグトラウトをねらうか、沖縄や奄美大島の海で遊ぶか……。あなたはこの夏、どちらに行きますか?
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING