LOGIN

『FlyFisher』最新号発売!

2018年 Early Spring/1月22日発売

FlyFisher編集部=写真と文

まだまだ寒さの厳しい日が続きます。外に出て本格的に魚と遊べるのは、もう少し先。
というわけで今号では、暖かい室内で道具を愛でる特集を組みました。

表紙を飾るのは、100年以上も前に作られたフライリール。たしかに古びてはいますが、現在普通に使われているものと、ほとんど変わるところはありません。これまでにいったい何人の釣り人がこのハンドルを巻き、どれだけの川でクリック音が響き渡り、そして河原に置かれたこのリールに寄り添うように、何尾の魚が横たわってきたのか……。

積み重ねられた時間の長さと、水辺で編まれた物語の数だけ、この小さなリールは、釣り人にしか見えない輝きを増します。道具にこだわるのは、フライフィッシャーの楽しみのひとつ。うっかりハマると抜け出せない、玩物喪志の幸福を味わう一冊です。

このほか、名手たちのフライボックスの一部を掲載。実際に他の釣り人のボックスを覗いているような感覚で楽しめるよう、すべて原寸大で掲載しています。春の解禁前、ご自身のボックスも、これらを真似て埋めてみてはいかがでしょうか。
(編集長 真野秋綱)

最新号はこちらから



2018/1/18

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING