LOGIN

チューブフライを巻く(タイイング編)

チューブにマテリアルをしっかり乗せる

滝元 一=解説

動きがよく、バレにくく、フック交換も楽。そんなチューブフライを美しく巻くコツは、ウイングのボリュームをコントロールして、いかにヘッド部をコンバクトにするかにある。今回はオーソドックスなパターンのタイイングとともに、チューブへのマテリアルの取り付け方を解説。
この記事は2013年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
滝元 一(たきもと・はじめ)
1972年生まれ。群馬県在住。シングルハンドやスイッチロッドを使った利根川や犀川といった本流の釣りを得意とし、チュープブライも多用。スペイキャスティングの釣りにも熱く、海外のサーモンリバーでも経験を積んでいる。

前回はチューブフライの構造を紹介したが、今回は代表的なパターンの巻き方を通じて、シャンクより太いチューブにどのようにマテリアルを乗せるかなど基本的なチューブフライのタイイングテクニックを解説。

以下では、滝元さんが普段よく使うというストリーマーパターンのタイイングを紹介する。

ノーネーム1
チューブ……ブラス3/4インチ&シリコンチューブ
※シリコンチューブと金属チューブの段差をなくしたものを使用(長めに出した内部のプラスチックチューブの上にシリコン製のものを被せている)
スレッド……8/0ホワイト
ボディー……SRIボディーワークス・シルバー
アンダーウイング……ゴートヘア・クリーム/チャート/グリーン、フラッシャブー
オーバーウイング……ピーコックアイ
スロー卜……ゴートヘア・イエロー
サイド……ジャングルコック
フック……がまかつ シングルフック53 サイズ2(ルアー用フック)


アタッチメントツールで固定したチューブにスレッドを下春きする。ブラスチューブの先端測から始め、後端まで誉く。ラフに巻き進めてよいが、シリコン部分まで巻かないように

チューブの後半にボディー材を留めたらスレッドを前に移動。ボディー材はチューブの真上が手前に留める。そのあとボデイー材を前方へある程度巻く

隙間ができないように、若干重ねながら前方に向かって写真の位置まで巻き進める。フラットに誉くためには、しっかりとチューブにマテリアルを当てながらテンションを掛けて巻くのがコツ。マテリアルの余分はチューブの下側でカット。写真のように、ウイングを取り付ける部分とヘッドスペース分を多めに残しておく

ウイングを付ける前に、あらかじめフックをあてて全体のバランスを想定しておく

ゴートヘアを写真の位置に留める。長さは、想定したフック位置のシャンクの終わりくらいが理想。ヘアをチューブの真上に留めたら、写真の矢印部分を爪で押し広げて、チューブ上測全体にマテリアルが乗るようにする

マテリアルを留めた後は必ず瞬間接着剤を垂らして、しっかりと固定。ウイングを留めるごとにこの作業を行なう

余分なゴートヘアを巻き留めた箇所から段差ができないように斜めにカット。その上にフラッシュ系のマテリアルを2本ほど、ゴートヘアと同じ長さで取り付ける。これは水中でフライが動いた際にチラッと見えればよいので、多めに付けると逆にその効果を失いがち

次にチャートのゴートヘアを取り付ける。下のウイングよりも若干前にずらした位置に留めたほうが、ヘッドが大きくならない。長さは下のウイングよりも少し長めにする。ここでも爪でヘアの束を広げ、接着剤を垂らすことを忘れずに

先のウイングと同じ要領で、グリーンのゴートヘアを取り付ける。留める位置はチャートのゴートヘアよりも少し前にずらすこと。長さは下のウイングより、さらに長めにする

軸を回転させて、スロートを取り付ける。想定したフック位置のハリ先に掛かるくらいの長さがベスト。一番上のグリーンのゴートヘアと同じ位置に巻き留める

再び軸を元に戻して、両サイドにジャングルコックを取り付ける。ポディーと水平になるように心掛け、グリーンのウイング、もしくはそれより少し前の位置に留める


グリーンのゴートヘアの上に、それより若干長いピーコックアイを3~4本留める。ゴートヘアと馴染むように、留めたら指で後方にならし、その後スレッドを2~3回巻いてきっちりと固定する

ピーコックをカットしてフィニッシュしたら、ヘッドセメントを塗る。ウエットフライ用のブラックカラーのタイプを使えば、雰囲気が出て、仕上がりも美しくなる。ちなみに滝元さんは、光沢感を出すために2度塗りしている

セメントが乾いたら、フックをシリコンチューブに差し込んで完成

2018/12/12

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

おすすめ記事

最新号 2019年9月号 Mid Summer

特集
釣り旅東北

第2特集
ディープに踏み込む名手たちのフライ論

今号は日本のフライフィッシングの原風景ともいえる東北へ行ってきました!
秋田、岩手、山形、宮城、福島……。現地のフライフィッシャーにフィールドを案内していただきながら、ポイント選びのコツだけでなく、おすすめのスポットを紹介しています。
また、第2特集として、エキスパートのフライに対する考え方を伺いました。縦巻きハックル、ピーコックのコンプリートを使いこなすウエットフライ、経験をフライに反映するための考え方、ジョインテッドフライ、個性爆発のバスバグ、北海道のビッグドライなどを取り上げます。
好評連載、備前貢さんによる「オホーツク通信」は北海道産マテリアル、エゾジカ・ヘアについて熱く語ります!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING