LOGIN

チューブフライを巻く(応用編)

コーンヘッドと組み合わせる

滝元 一=解説

動きがよく、バレにくく、フック交換も楽。そんなチューブフライを美しく巻くコツは、ウイングのボリュームをコントロールして、いかにヘッド部をコンバクトにするかにある。前回はチューブへのマテリアルの取り付け方を解説したが、今回はさらにコーンヘッドを組み合わせたパターンのタイイングを紹介。
この記事は2013年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
滝元 一(たきもと・はじめ)
1972年生まれ。群馬県在住。シングルハンドやスイッチロッドを使った利根川や犀川といった本流の釣りを得意とし、チュープブライも多用。スペイキャスティングの釣りにも熱く、海外のサーモンリバーでも経験を積んでいる。

プラチューブ+コーンヘッド

フライの重さはチューブの素材を変えて対応できるほか、コーンヘッドを使うという手もある。

こちらはヘッド部に重さが集中するため、広いポイントを探る場合よりも、重い流れの中のボトムを探る、またはピンポイントでフライを送り込んで釣る場合に適している。コーンヘッド・パターンの場合には、ヘッドをチューブに差し込むことになるので、ブラスやアルミなどよりも径の細いプラスチックチューブを使用する。

そのため、差し込んだ後は先端をカットして、ライターなどで軽くあぶれば、プラスチックチューブが溶けて広がり、ヘッドを固定することができる。

以下では、そうしたヘッドを用いたパターンのタイイング方法を解説してみたい。

ノーネーム2
チューブ……海釣り仕掛け用の絡み止めパイプ0.8mm+シリコンチューブ
スレッド……8/0ブラック
ボディー……シェニール・ブラックなど
アンダーウイング………フォックステイル・ブルー、フラッシュ系マテリアル
オーバーウイング……フォックステイル・パープル
ハックル……コックフェザント・クラレット、ギニアハックル・ブルー
コーンヘッド……Capsタングステンコーンヘッド(M)
フック……がまかつシングルフック53サイズ2(ルアー用フック)


アタッチメントツールにプラスチックチューブを固定。あとで先端をカットするので、ここでは長めにしておいたほうがタイイングしやすい。下巻きは、フックを取り付けるシリコンチューブの手前まで巻けばOK

写真の位置にシェニールを留め、スレッドをある程度前に戻したら、その上からシェニールを巻く

チューブの下側でシェニールを留め、切らずにそのままにしておく。次にウイングとなるフォックステイルを取り付ける。ここでもあらかじめフック位置を想定し、ベントより若干長くなるようにウイングを留める

留めた後のフォックステイルは切らずにスレッドで巻きつぶしていく。その上から再びシェニールを巻き、ボディーを作る。ボリュームの多いフォックステイルは取り付ける位置を離したほうがバランスがよいため、間にボディー材を巻く

次にフラッシュ系マテリアルを2本、ボディーの終わり部分に取り付ける

フラッシュ系マテリアルを取り付けた箇所に、さらにパープルのフォックステイルを取り付ける。ブルーのウイングよりも長めに調整する。スレッドで留めた後は余りをカット

指でファイバーをばらしたコックフェザントを留める。この時もマテリアルはチューブの下側に留める。ハックリングした時に、ファイバーが後方になびくように、フェザーの表面を自分側に向けて取り付ける

ファイバーを後方に撫でつけながら2~3回転ハックルを巻き、チューブの下側で固定して、カット

コックフェザントのすぐ前にギニアハックルを巻く。手順はコックフェザントと同じで、これもチューブの下側で固定し、カット

この時点でフィニッシュし、ヘッドセメント、もしくは瞬間接着剤を垂らして確実に固定する。その後、コーンヘッドをチューブに差し込み、強く押しこむ必要はないが、マテリアルに被さるような位置まで入れる

チューブをコーンヘッドから1~2mmほど出した状態でカット。ライターの火で軽くチューブ部分をあぶり、溶かしてヘッドを固定する。この時マテリアルまで燃やしてしまわないよう、炎の根もと側でサッとあぷる

ヘッドがしっかり固定されているのを確認したら、チューブの穴を、ニードルなどを差して少し広げておくとよい

ヘッドがしっかりと固定されたのを確かめて、シリコンチューブにフックを差し込めば、完成

2018/12/17

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

おすすめ記事

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING