LOGIN

ハックルの基礎知識。2/3

コックサドル編

稲見一郎=解説
コックサドルでは、商品ごとに生えているフェザーのサイズが異なるため、「#16のフライを作りたいのに、#12に合うフェザーがほとんど」といったことがないよう、あらかじめ確認して購入しよう

ハックルはさまざまなスタイルのドライフライに欠かせない素材。使用頻度の高いマテリアルだからこそ、適材適所で、よりよいものを選びたい。今回はハックルのなかでも、コックサドルについて解説したい。
この記事は2014年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
稲見 一郎(いなみ・いちろう)
東京都板橋区市在住。フライショップ「ハーミット」店主。渓流はもちろん、本流や湖、ソルトまで幅広く楽しむ。ショップの利用客からハックル購入の相談を受け、アドバイスする機会も多い。
●ハーミット http://hermit-jp.com/

同じサイズのフェザーがほしい時に……

コックサドルも、コックネックと同様、ドライフライのハックル用のマテリアルとして使用することが多い。

こちらは、コックネックに比べてストークが細く、テーパーの少ない(ファイバーの長さが均一)のフェザーが特徴。1本のフェザーから7〜8本のフライ巻けるものが多いが、ボディー全体に密にハックルを巻くバイビジブルなど、比較的長めのフェザーを必要とする場合にはぴったりだ。
ボディー全体がハックルのバイビジブル。ハックルを厚く巻きたい、量を巻きたいなどの要望にも、1本のフェザーで対応できるのがコックサドルの利点

そのうえでネック同様、自分の使いたいサイズがどれほど生えているかということが問題になるが、コックネックと違い、一枚のスキンに生えているファイバーのサイズがほぼ同じなので、さまざまなサイズのフライで使用する場合には向いていない。
コックサドルは一つの部位から生えるフェザーのサイズがほぼ同じなので、決まったサイズのフェザーを確実に使い続けたい場合にはとても好都合。ファイバーの長さが均一な長いフェザーが特徴。1本のフェザーから7~8本のフライが作れる

同じサイズのフェザーをできるだけ多く使いたいという人におすすめのハックルといえる。そのため、サドルの場合は、フライサイズに合わせたフェザーを数本の束にして販売しているショップもあり、あらかじめ想定する使用量がそれほど多くない場合は、パックタイプを買うのも手だ。
1本のフェザーで多くのフライが作れるコックサドルは、パック販売のものを使うのもおすすめ。さまざまなカラーを少量ずつ使いたい、という人にはぴったり

一つのケープで、同系色でも若干異なるカラーがあることも珍しくない

ドライフライのタイイングをメインに考えた場合、稲見さんのショップでは、まずは汎用性の高いコックネックをおすすめしているという。コックネックのケープから自分の最も多く使うサイズのフェザーが減ってきたところで、そのサイズのフェザーが多いコックサドルを補充するような形で、ハックルを買い足せばよい。

サドルについても、やはりストークがよじれておらず、フェザーにツヤがあるものを選びたい。

ヘンハックルについて

ちなみにメスの羽根であるヘンサドルも使い勝手の多いマテリアル。基本的にはコックハックルよりも、ファイバー、ストークともにしなやかであるのが特徴。

ヘンネックは柔らかく短いファイバーを持ち、スピナーパターンのウイングや、ウエットフライのスロート、ドライフライのテイルなどにも使われる一方で、ヘンサドルは、ファイバーが長いため、揺らめき具合を強調したい、ソフトハックルのようなパターンに適している。
いずれにしても、購入前には手にとってケープからフェザーをめくってみて、自分の使いたいフライに適したサイズがどれだけ生えているかを確認するのがベストだ。コックハックル(ジェネティック)に比べてリーズナブルな価格設定のものが多いのも特徴になる。

2018/12/2

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING