LOGIN

アマゾンに夢を追う。

名手のフライボックス【夷谷元宏】

夷谷元宏=解説

名手たちのフライボックスには、様々なヒントが隠されている。彼らがシーズンを通じて愛用しているフライパターンとともに、1軍フライをどのような時に使用しているかについても解説。今回は南米にも定期的に足を運んでいるという、夷谷元宏さんのボックスを紹介。
この記事は2018年<Early Spring>に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
夷谷 元宏(えびすだに・もとひろ)
1969年生まれ。千葉県浦安市在住。世界各国の釣り場を案内する旅行会社「トラウトアンドキング」を運営。自身もこれまで世界中の釣り場でロッドを振っており、海、本流、ウオームウオーターなど、さまざまなフィールドで多くの魚を追いかけている。
●トラウトアンドキング www.troutandking.com

アロワナやピラルクが相手

南米アマゾンで使うフライとなると、やはり大きく、派手なパターンがメインになる。昨年10月に行った際には主にピラルクねらいだったのだが、このボックスのバスバグやマウスなどのパターンで、アロワナを釣った。
アマゾン釣行用ボックス
ピーコックバスやアロワナなど、南米熱帯雨林の魚をねらうために準備したボックス。大型のストリーマーがメインだが、小さなドライフライやニンフも入っている。アマゾンでは美しい熱帯魚もたくさんいるので、それらを釣って観察するのも楽しい。何が出てきてもおかしくないという、夢とロマンがこの川にはある。それだけに、ボックスの中身も多彩になってゆく。


それらの大型魚はもちろんメインターゲットだが、なにしろ2000~3000種ともいわれる魚が棲んでいるのだから、釣り人にとっては興味の尽きないフィールドだ。小さなドライフライに出る魚も、日本ではお目にかかれないきらびやかな見た目で、楽しませてくれる。

ほぼ地球の反対側まで出かけていくだけの価値は、きっとあるはずだ。
マドラーヘッド・ストリーマー
●フック:がまかつ SC15
●ボディー:EPファイバー各色、フラッシャブー
●ヘッド:ディアヘア・オレンジ
浮力を持たせ、アピール度も高い。濁った流れでは引き波などの波動が、魚にアピールするようだ


クラウザーミノー
●フック:がまかつSC15
●ボディー: EPファイバー各色、フラッシャブー
アマゾンではバックテイルなどの天然素材を使うと、すぐピラニアにかじられて短くなってしまう。化学繊維でもかじられることはあるが、天然素材よりはましだ


2019/1/9

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING