LOGIN
ささきつりぐ

嶋崎了さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。おのずとラインシステムも変わります。ここでは嶋崎了さんの渓流(ドライフライ)のシステムをご紹介します

嶋崎了=写真と文
Profile 嶋崎 了(しまざき・りょう)

ティムコ社の開発担当。世に出してきたギアは多数。職業とはいえ、ウエット、湖、管理釣り場、そしてタイイングに精通し、現在でもフィールドに立ち続ける姿は感動もの

 

 

どうせスラックに頼るなら頼りきってしまおう、というロングティペット・スタイル

flyfisher photo

渋谷直人さんの影響で始めたこのティペットシステム。ティペットにスラックが入るのでドラッグがかかりにくく、容易に釣れるのが一番の理由だ。ここに紹介するのは3種類。いずれも対象魚はヤマメ、イワナで、広く開けた大渓流ならLDL一択。中規模河川でのライズフィッシングには風に強いJストリームリーダーかLDL。小規模河川はフィネスリーダーかJストリームリーダー、といったぐあいに使い分けている。

これらすべてのシステムをうまく扱うためのキャスティングは、とにかくまっすぐにサオを曲げて、まっすぐに復元させること。手元で起きたほんの少しのズレが、最終的なプレゼンテーション時に直進性を失いやすくなるので、これができないとティペットを曲げたり、折ったり、失速させたり、加速させたりすることが困難になると思う。

 

 

ラインシステム

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/3/20

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING