LOGIN
Little Bell

渋谷直人さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。おのずとラインシステムも変わります。ここでは渋谷直人さんの渓流(ドライフライ)のシステムをご紹介します

渋谷直人=写真と文
Profile 渋谷直人(しぶや・なおと)

ガイドも含めてシーズン中120日は川で過ごす。そのテクニックだけでなく状況の観察力、魚を見つける目など山で遊ぶための非常に鋭い感覚を持つ。バンブーロッド・ビルダーでもある。

 

スクールも予約受付中です

flyfisher photo 詳細は画像、またはここをタップ

 

 

LDLリーダーのティペット部=硬いスラック、付け足したティペット部=軟らかいスラック。

flyfisher photo

私が使っているロングティペット・リーダーシステムは全長の半分がティペットだ。厳密にはテーパーリーダーの先端部の「ティペット部」と新たに結び足すティペットを合わせると全長の半分がティペット、ということ。そのバランスはその人のキャスティングスキルによってさまざまでよいと思うが、「ティペット部」が一段太くなっているので、スラックも硬めになる。イメージとしてはこの部分で流れを大きくかわし、その先端に結んだティペットのスラックでフライが小さな流れに干渉するのを回避する。

リーダー4Xで、これは単純にティペットのフロロとの強度バランスを取るために選んだ太さ。ティペットはおもに6Xを中心に5~7X。実際にはティペットは5Xでも7Xでも結んで問題ないが、7Xの場合は2重に折り返してたわら結びをしている。

 

 

ラインシステム

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/3/22

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING