LOGIN

状況を問わない大ものねらいのニンフシステム

「特集ラインシステム」補足編

吉田俊彦=写真と文

※各ラインシステムのイラストは『FlyFishier MAGAZINE 2021 Mid Summer号』(2021年7月発売)をご覧ください。

厳しい状況でこそ威力を発揮する


今回紹介するのは、ライズがほとんど期待できない時に水底に潜んでいる大型魚が対象。主に雨風の強い荒天時や先行者のあと、またはドピーカンの真昼など、難しい状況の時にこのシステムを使用している。

渓流から本流まで川幅は問わない。木の被る源流部ではリーダーを短くしている。ねらう深さは水面直下~約2.5m、投げる距離は7m〜22m前後である。


使っているフライのサイズは4~16番、ニンフまたはストリーマーが主体のシステムだが、ドロッパーにウエットやドライフライを使うこともある。2~3個の複数のフライを使用しねらう水深により重いフライや水流の抵抗を考慮してフライを組み合わせるのが特徴である。

チェコニンフをベースに改良


このシステムは、競技フライのチェコニンフシステムをベースとして発展しているが、数を釣ることよりも大ものを1尾釣ることを目的として、試行錯誤し改良を重ねてきた。個人的に数釣りではなく、多くの人がこれは無理だと思うような状況でも、必ず1尾は釣れることを目指している。


また規則でドロッパーが禁止されている釣り場では、リードフライをパロマーノットで結び、先端に重めのショットを使用している。いわゆるダウンショットリグにして川底をゆっくりと探る。フライのロストを防ぐ効果もあると思っている。


キャスティングの際に、注意もしくは心がけていることは、自分の真正面(真上)では絶対に投げない。なぜならロッドにシステムが当たり、損傷する可能性があるためである。

またバックで手首が開きすぎるキャストは、フライの通過位置が下がり大変危険である。強風の日に安全に投げるには右手でも左手でも、風下側の手で投げられるよう練習が必要だ。そしてリストダウンを最後まで我慢すると、ロッド全体がしなやかに使えるためトラブルが少なくなる。

2021/10/22

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING