LOGIN

山岳渓流を#1ラインで

「特集ラインシステム」補足編

谷々和彦=写真と文

※各ラインシステムのイラストは『FlyFishier MAGAZINE 2021 Mid Summer号』(2021年7月発売)をご覧ください。

場荒れを避け山奥へ


現在シーズン中(解禁中)は渓流が100%フィールドとなり、イワナ・ヤマメをドライフライでねらうスタイルが中心となっている。私の住んでいる秋田は渓流フィールドに恵まれ良渓が多数あるが、近年はアクセスが楽なポイントは場荒れ傾向にあり、それを避けるために杣道(そまみち)を数時間歩いて入渓するようなスタイルの釣り(いわゆる源流部の釣り)が多くなる。川の規模は川幅5~10mくらいで典型的な山岳渓流が、今ハマっている釣り場である。


この様なフィールドはスタート=最盛期(6月~)になるのでフライパターンはメイフライとテレストリアル両パターンを用意している。シビアなライズをねらうシチュエーションはほぼないのでフライは#14から#12のパラシュートを多用している。


16フィートを基本に


フィールドの特性上、キャストする距離は10ヤード前後なのでリーダー+ティペットは長すぎず短すぎずの16フィートがアベレージ。#1ラインなのでメンディングも必要以上にすることはないので充分な長さである。


以前は20フィート前後のロングシステムな時代もあったが、#1ではそこまでする必要がなく、今の長さに落ち着いている。自分ではこの長さがフライの投射性にも影響なくいちばん扱いやすいし、魚を出すことにも支障はない。


私はライン専用とかリーダー専用とかの浮力剤は分けておらず、フライ、リーダーティペット、ラインにFAISのセレリフロータントを塗布している。リーダー・ティペットはこまめにチェックし擦れ、ウインドノットなどある場合は即、交換している。

2021/10/22

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING