LOGIN
ささきつりぐ

中禅寺湖・野反湖のシステム

「特集ラインシステム」補足編

土谷勇次郎=写真と文


※※各ラインシステムのイラストは『FlyFishier MAGAZINE 2021 Mid Summer号』(2021年7月発売)をご覧ください。

中禅寺湖のシステム


中禅寺湖では少しでもロングキャストをしてターンオーバーさせ、1リートリーブでも多く引きたいと思っている。

昨今のシンキングラインは短くなる傾向にあり、よい面は同じウエィトで短くなると、しっかりしたテーパーデザインとなりパンチ力やターン制能が格段に向上してくれる。逆に悪い面はアンカーが抜けやすくなることだ。


そこでヘビーバットの長いリーダーを使うことで、リーダーのバット部がラインの一部となり、アンカー抜けを解消してくれるようになる。

色の付いたラインからクリア部が長くなることも利点のひとつと考えられる。


フライは#8の2Xロングシャンクに巻いたマラブーストリーマーで、タイプ3ラインより少し早く沈むウエイトで、テイルを長くしている。シーズン当初は長めのカウントダウンで、ブラウントラウトやレイクトラウトねらい、4月中を過ぎた頃からは浅ダナで回遊性の強いホンマスをねらっている。また夏場にはカウントダウンを2分以上して、全魚種が対象となり1か0の釣りを楽しんでいる。

野反湖のシステム



野反湖ではフローティングシステムを使用している。フローティングの場合はラインやリーダーが沈むとフッキング率が下がるので、ラインの先端はレベルラインを1.5m足して、ヘビーバットの12フィートリーダーにティペットは5フィートくらいでターンオーバー重視のシステムだ。

またロッドの長さによってレベルラインの長さを調整し、例えば13.3フィートのロッドでレベルラインを2mにすると、快適なキャスティングが可能である。

野反湖は#10~#6 のチェルノブイリアントなど、大きなフォームフライを遠投したいので、このようなシステムにたどりついた。


また野反湖では近年、ハコスチというスチールヘッド系の魚が多く放流されるようになった。このハコスチはフライを咥えて合わせた瞬間からジャンプを繰り返し、ものすごい勢いで沖に走りまたジャンプをする。そのうえ賢くてティペットが太いと極端に反応が悪くなるため3X、できれば4Xを使いたいので、低番手のダブルハンドが有利かと思っている。ランニングラインやヘッドはもちろんのこと、リーダーまできっちりフロータントをつけて、少ないチャンスをモノにできるよう心掛けている。

2021/10/20

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING