LOGIN

レーントレースおよびスイングの釣り用システム

「特集ラインシステム」補足編

杉浦雄三=写真と文


※各ラインシステムのイラストは現在発売中の『FlyFishier MAGAZINE 2021 Mid Summer号』をご覧ください。


本流のシンクティップ・システム


対象魚はニジマス・ヤマメ・イワナ・アマゴなど。






釣り場の状況は川幅が30~50m、深さは1m~3m。トップシーズンは川幅や深さに関係なく瀬を中心にねらう。時に1m前後の水深の瀬は重点的に釣っている。投げる距離は5~20m以内となる。

寒い時期はなるべく大きなランで深瀬が充分にあるポイントをねらい、投げる距離は15~30m。

フライラインに直接シンクティップを付けずに、セカンドティップを付けることにより短いシンクティップでもしっかりラインを沈めることができる。レーンや点でねらう釣りに関して、シンクティップは短いほうが釣りやすいので、全長は3m以内に設計している。その分リーダーシステムを長めに取ることにより、シンクティップの影をトラウトに見せないようにすることと同時に、ウエットフライやストリーマーフライの動きを、よりリアルでトリッキーな動きを演出できると考えている。

リーダーは動きとクッション性を重視してナイロン


リーダーにはナイロン使用しているが、その理由はまず激流の中で大ものが掛かった時に合わせ切れしないようにするためと、ナイロンのほうが圧倒的にフライの動きがよいことだ。     

ティペットに関してはフロロカーボンを使用して、根ズレや歯切れなどを防止すると同時に水中でも光の乱反射を防ぐ効果がある。

ナイロンとフロロカーボンの結束に関しては、最も相性がよくドロッパーシステムを作るうえで簡単な電車結びを使用している。色々なシステムと結び方を試したが、私の経験上では最速・最強である。

使用するフライに関しては、トップシーズンには、ヒゲナガ系やテレストリアル系のウエットフライを使用している。その特徴としてはノンウエイトのフライで、常に下からトラウトたちに見られているシルエットを意識して、瀬の中でも存在感があるフライを使用する。サイズは#10~#6。

寒い時期にはディープ系ストリーマーフライとツイストピーコックがメインとなる。その特徴としてはとにかく沈めることを優先させ、ボトムを常に意識できる重いフライを使用する。なおかつトリッキーな動きをするフライを使用することを心掛けている。サイズは#4~6と少し大きめとなる。

短めのシンクティップを使い、より遠くでメンディング





このシステムを使うようになって25年以上になるが、フライラインの進化によって大きく変わったことは事実。まずかなり重いシンクティップシステムを簡単に投げられるようになったこと、そしてその投げたラインを遠くでメンディングできること。この2点でレーントレースの釣りは飛躍的に進化し釣果も上がった。

それに伴いシンクティップをより短くでき、ピンポイントでの釣りが可能になった。そしてスイングの釣りでも、メンディングを多様化することで速度やタナ、そして誘いまでをコントロールできるようになった。

シンクティップは大きく輪にして収納


最後にラインに関して心がけていることは、まずラインクリーニングはマメに行なうこと。そして、シンクティップを収納する時には、小さくまとめて輪にして入れている方が多いが、痛めるのでやめたほうがよいと思う。あと、濡れたままのシンクティップを密封するのもNGである。痛みが早くなるので、大きめのメッシュのワレットに入れて保管するようにしてほしい。

2021/9/16

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING