LOGIN

サクラマスねらいのシステム

「特集ラインシステム」補足編

柿沼健二=写真と文


※各ラインシステムのイラストは『FlyFishier MAGAZINE 2021 Mid Summer号』(2021年7月発売)をご覧ください。

三面川の概要


サクラマスを釣ってみたくて数年前から新潟県村上市の三面川に通っている。渓相はよくフライ向きの流れと思われる。

河川規模であるが下流域は川幅も広く、フライでは流せないポイントが多い。ルアーの方のポイントといった感じ。フライフィッシャーが釣りやすいポイントでは川幅が20m~60mだろうか。また、三面川ダムの放水量で水位が変動するので、釣行時はダム放水量と水位計のチェックが必須である。

キャスティングレンジは20m~35mほど。距離よりターンを意識してのキャスティング。海風(下流側から)が比較的強い時が多いのでしっかりとターンオーバーさせることを重要視している。


フライは主にアルミチューブ(1in1/2,1in1/4)が多く、パターン的にはアクアマリン系やスクイッドパターン、スクイッドロングテイル、イントゥルーダーなどである。

仲間内ではドロッパーシステムを組んでいる方が多いが、自分はシングルフライでやっている。

シャローとディープの使い分け


フライラインに関しては、キャストフィールが抜群に良くチェンジャブルティップも付属している「SAアトランティックサーモン朱鞠内SP」のシャロ―キットとディ―プキットを使用している。使い分けとしては、平水時とハイウォ―ター時はディ―プキット、ローウオ―ター時にはシャロ―キットを使用する。


ターンオーバーのためのセレクト


シンクレートの高いティップを使用する際は、沈めるというよりターンオーバーしやすいようにするためにセレクトしている。時にはチェンジャブルティップをT-8・T-10・T-14などを状況に応じて使用する。ちなみに、各ジョイントのループ・トゥ・ループは同じ素材で接続することを推奨する。

このほうがガイドをスムースに通る気がしている。ぜひ一度試していただきたい。


2021/10/20

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING