LOGIN

第2回 クック諸島・アイツタキ島

ラグーンでねらう大型ボーンフィッシュ

夷谷元宏=解説
フラットな川全体にポイントが散らばるランギタイキリバーの流れ

世界各地のフライフィッシング・フィールドを紹介する当連載。現地での釣りの魅力、必要なタックル、釣りに適した季節などを紹介します。これから行く人も、行かない人も、海外の釣りを感じられるフィールド図鑑です。
※掲載している情報は、2018年4月現在のものです。
《Profile》
夷谷 元宏(えびすだに・もとひろ)
1969年生まれ。千葉県浦安市在住。世界各国の釣り場を案内する旅行会社「トラウトアンドキング」を運営。自身もこれまで世界中の釣り場でロッド振っており、海、本流、ウオームウオーターなどさまざまなフィールドで多くの魚を追いかけている。
●トラウトアンドキング www.troutandking.com

リーフでのサイトフィッシングがメイン

南太平洋のクック諸島にあるアイツタキ島は、島内に広大なラグーンがあり、ボーンフィッシュの格好の生息地になっています。ここは特に大型のボーンフィッシュがねらえることで有名。噂では1m、20ポンドにもなるようなボーンが釣れるという話もあるほど。

この島にはフラットボートを操るフライフィッシングのガイドサービスがあり、サイトフィッシングで大きな魚影に向かってキャスティングをするような釣りが楽しめます。
メインターゲットはボーンフィッシュ

シュリンプ系パターンは欠かせない

基本は浅場でのウエーディングの釣りですが、ボートからは少し深場をねらうことができます。フライを沈めてリトリーブすれば、より大ものの確率が上がるでしょう。

このラグーンには、ベイトを追ってアウターリーフからロウニンアジなどの回遊魚も入り込んでくるので、浅場で魚を見つけることができたら、フライフィッシングでもチャンスがありそうです。他にはカスミアジがリーフ際に群れていて、コバルトブルーの美しい魚影が面白いようにフライをチェイスする展開を楽しむこともできます。

サイトフィッシングでは通常で10ポンドを超えるような驚くべき大きさのボーンフィッシュを見ることができますが、大きいだけにスプーキーでキャッチするのは簡単ではなく、1日1~2尾キャッチできれば成功といえるでしょう。

とはいえ、深場でのブラインドフィッシングを織り交ぜることによって数を釣ることもできるので、「タフな釣り」と「癒される釣り」のバランスをとることができる釣り場です。
こんな海と空の空間が釣り場になる

対象魚/目玉は大型ボーン

ボーンフィッシュ、ロウニンアジ、カスミアジ
いずれの魚種も、魚影は豊富。そのほとんどがサイトフィッシングでねらえる

タックル/ロッドは10番

フライ/海の定番パターンは必須

ボーンフィッシュ用にはクレージーチャーリーなどのシュリンプパターンのほか、クラウザーミノーなども有効。シュリンプはウエイトの重さを変えたものを何種類か用意するとよいでしょう。ロウニンアジ相手では、デシーバー、クラウザーミノー、ポッパーなどがおすすめです。
ボーンフィッシュ……2~1/0 クレージーチャーリー、ガッチャなどのシュリンプパターン、クラウザーミノー
ロウニンアジ……1/0~3/0 ファイバーストリーマー、デシーバー、クラウザーミノー、ポッパーなど

基本的に年中釣りは可能

南の島ならではで、一年中釣りが可能です。

ニュージーランド経由で島へ

クック諸島はニュージーランド領ですので、オークランドからニュージーランド航空便等が就航しています。日本からは9日間ほどの日程で、4日間をアイツタキ島の滞在に充てれば、さまざまな状況の釣りが楽しめると思います。

注意事項

ラグーンでのサイトフィッシングは、何といってもガイドとのコミュニケーションが大切で、ローカルガイドのアドバイスを素直に聞いたほうが、確実に釣果につながります。

2018/4/6

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING