LOGIN
Little Bell

五十嵐川・ニジマス通年解禁

2021年より本格的にスタートした五十嵐川本流域でのキャッチアンドリリース協力区間がますます充実

FlyFisher編集部=写真と文
五十嵐川・ニジマス通年解禁

2023年3月下旬。三条市の五十嵐川を訪れた。去年は川原が雪だらけの3月の上旬に訪れて、スノーシューのお世話になった(しかも途中で破損して大変な思いをした)ので、今回は少し遅めの釣行。川に到着すると明らかに雪代が入っていたが、杉浦雄三さんは大丈夫でしょう、と自信たっぷりだ。
何事も仕事が早い杉浦さんは、そうそうに着替えとタックルセッティングをすませ「先に行ってますよ」とさっさと川へ降りてしまった。こちらはいろいろ準備があるのでもたもたしていたらすぐに電話が鳴った。「もう釣れちゃいました」慌てて杉浦さんを追いかけて撮影をすませ、リリース。聞けば始めて数投でヒットしたそう。

フライはツイストピーコック2本付けで、フライを大きくスイングさせるのではなく、縦めに流し込んでいく、杉浦さんのいう「トレースの釣り」。一畳分のスペースを想定して、長辺の対角線を斜めにフライを通すイメージだ。という解説を聞いているうちに、2尾目がヒットして5番のスイッチロッドを引き絞る。この協力区間がスタートした頃、この時期釣り人はほぼいなかったが、2023年は平日でも普通に見るようになった感じだ。遊漁券の売り上げももちろん増えているという。2023年は念願だった10月以降の釣りも解禁になる。

 

 

flyfisher photo

平均的なニジマスのサイズ。去年からの居残りもいるに違いない

 

flyfisher photo

三条市のアドバイザーを務める杉浦雄三さんお得意のツイストピーコック。リードとドロッパー、両方に使い連続ヒット

 

flyfisher photo

新規に延長された区間である下田大橋下流のランで釣れたのはいわゆる「雪代イワナ」。組合長いわく、「下流のほうでは昔から実績があるんですよ」

 

flyfisher photo

県内交通遊漁券でも釣りは可能だが、漁協の財政を考えると五十嵐川漁協発行の遊漁券を選びたい

 

 

 

 

関連記事と情報

五十嵐川の情報はこちら(外部サイト)
【五十嵐川について】

2024/2/6

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
Little Bell
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
Little Bell

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING