LOGIN

柔よく剛を制すロッド

『Asquith』片手に、貸し切りの渓へ。

里見栄正=解説
ヒットした瞬間、ロッドがしなやかなに曲がって魚のパワーを吸収してくれる

シマノとG.Loomisのコラボによって生まれた『Asquith(アスキス)』を携え、群馬県の神流川を訪れた里見栄正さん。午前の部は貸し切りで楽しめる中ノ沢は、キャッチ&リリース区間でもあり、魚は豊富。そっとドライフライを落とすと、もこっと水面が盛り上がった――。
この記事は2016年6月号に掲載されたものを再編集しています。

小渓流にマッチする#1~2モデル

関東では最初にキャッチ&リリースエリアができた、群馬県上野村の神流川。都心から近く魚が多いというのは、釣り人にとってありがたい。

この日、そんな神流川の予約制区間『中ノ沢毛ばり釣場』を訪れたのは里見栄正さん。700mほどの標高なので、まだ春も間もない4月のこの時期、水面のエサを食べるよりは底に沈んでいる魚のほうが多いが、それでもごく普通のパラシュートを流すと、よく反応してくれた。
清冽な水ゆえに魚はよく見える。それだけにゲームは楽しく、スリリングだ

使っているのは#1~2の『Asquith(アスキス)』。しなやかでありながら強靭なブランクが魅力だ。まさに満月のようにぐいっと曲げても問題ないほど(もちろん無理に曲げる必要はないが……)。そして#1~2のライトライン用というJ731でも、振ってみると軟らかいだけではない。#3ラインでも乗せられるという強さがあればこそ、良型が来た時にも慌てずにすむのである。
『Asquith』の渓流用低番手モデルは3タイプ。7フィート3インチの#1-2、7フィート6インチの#2-3、そして8フィートの#3が揃う
● 問合先/シマノ(☎0120-861130) fishing.shimano.co.jp


「#1~2指定のロッドのわりには、極端に弱いという設計ではありません。もちろん繊細ではありますが、比較的キレのあるキャストに向いたアクションなので、自分としては、ほぼドライフライ専用という使い方をしていますね。とはいえ、空気抵抗の大きい#8~10の渓流では大型といえるフライを投げるのも問題ないですよ」

中ノ沢のように、頭上に木が張り出した小さめの渓流では、たしかに使いやすいロッドだ。その一方で、大型の魚を対象としたより広い釣り場で使っても、実は面白いのだと里見さんは言う。
底に沈んでいたイワナは尺を超えていたが、この日はヤマメがメインだった

低番手ながら驚きのパワー

『Asquith』の渓流用低番手モデルは、ほかにもJ762、J803の2モデルがラインナップされている。

「J762は、手もと近くからティップにかけて全体的によく曲がります。従来の『フリーストーン』シリーズに最も近い印象を持ってもらえるのではないでしょうか。ただし非常に軽く感じられる点で、やはり従来のロッドとは一線を画します。キャスティングの際にはストップのタイミングやパワーのオン・オフなどが、小さな手もとの動きで反映させやすいタイプだと思います。またロングティペットとの相性がよく、急激な方向転換が非常にスムーズなので、トリッキーなライン操作も可能にします」
メンディングもしやすいアクション。このような小規模渓流では、J731が扱いやすい

#2~3のラインにマッチするこのロッドは、やはり渓流において汎用性の高いスペックだ。ニンフィングにおいても、取り回しが楽だという。

そして最後にJ803だが、これは#3ラインにマッチする8フィートモデル。ただし里見さんによると、本流筋でライズをねらうようなケースでは、風の影響を考慮してか、または飛距離を優先してか#4ラインを乗せている人も見かけるという。
ライトラインのスペックでも、それよりもやや重いラインを乗せられるパワーもあるのがこのロッド。風の影響などを考慮して使い分けるのもあり

「J803はほかの2本と比べるとたしかに強いという印象ですが、魚を掛けた際のロッドカーブを見ていると、やはり繊細なロッドだということがよく分かるはずです。そのうえで非常に強靭なバットを持っていますから、より大きな対象魚をねらう場合でも安心できます。釣り場が広く、対象魚が大きくなったからといってゴツいロッドを使うと、キャスティングの感覚が変わってしまいます。J803なら、そのような違和感を覚えることなく、いわゆるヤマメ釣りのキャスティングフィールのままで釣りが楽しめると思います」

たとえば北海道などでは、やはり高番手のロッドを選びたくなるが、J803はそのようなフィールドでも安心して使える。

「従来のシリーズでも、スティールヘッド以外は海外釣行の際も3番しか持っていかなかったんですが、『Asquith』はさらに磨きがかかっています。大ものゲッターには、特におすすめです」

その後里見さんはニンフに結び替えた。渓を釣り上がりながらルースニングでも次々と魚を手にして、「よく曲がるけれども、強い」ロッドの感覚を楽しんでいた。 神流川、上野村漁協管内の『中ノ沢毛ばり釣場』には、このように看板が各所にある
●予約・問い合わせ先 上野村漁協(☎0274-59-3155) http://ueno-fc.com/


2018/1/29

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING