LOGIN

ひとつの到達点。『Asquith』

フライロッドの理想形を追求する

里見栄正、安田龍司=出演

繊細にして強靭。しなやかで高反発。これら相反する要素を具現化し、フライロッドの理想形を追求した、『Asquith』。

開発に携わったのは渓流のドライフライやルースニングを得意とする里見栄正さんと、サクラマスやレインボーを相手にした本流の釣りを得意とする安田龍司さんの2人。それぞれシングルハンドとダブルハンドのデザインやアクションを監修しています。

ここでは、そんな2人のインタビューを交えながら『Asquith』の開発風景を振り返ります。屈指の釣り具総合メーカーならではの最新テクノロジーは、どのような形でフライロッドに活きているのかについても解説。さらにモデル(番手)ごとのアクションについても、どのようなシチュエーションでの使用を想定して作られたのか紹介します。

里見さん、安田さんが「テストに今まで一番長い時間費やしたロッドかもしれない」と話す『Asquith』。今までのロッドよりもよく曲がるけれども、強い。そんな“ひとつの到達点”ともいえる、他分野の釣りザオで培った技術も取り入れたフラッグシップモデルの魅力に迫ります。

出演:里見栄正、安田龍司
収録時間:13分35秒
(FlyFisher2016年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。


来日して『Asquith』のプロトモデルをテストするスティーブ・レイジェフ(左)

グリップエンドに刻印されたG.loomisのロゴ


カーボンテープをX状に巻き上げた「スパイラルX」を採用した曲げ強度の高いブランク

2017/12/25

目標達成致しました!ありがとうございました。

100%超えました!

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2022年6月号 Early Summer

【特集】面白い人の、面白いタイイング

今号の特集はストレートに面白いタイイングを集めてみました。ご登場いただいたのは、渓流、本流、湖、管理釣り場のエキスパートたち。きっと「なるほど〜」と唸らされるとともに、フライタイイングがいかにクリエイティブな作業であるかを再確認させられます。
また、石垣島のトリップガイドや、さまざまに解釈されるハイスピード/ハイラインも取り上げています。
これからの季節、フライフィッシングはどこもベストシーズンとなっていきます。タイイング特集、ぜひ皆様の釣りに役立ててください!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING