ひとつの到達点。『Asquith』

フライロッドの理想形を追求する

里見栄正、安田龍司=出演

繊細にして強靭。しなやかで高反発。これら相反する要素を具現化し、フライロッドの理想形を追求した、『Asquith』。

開発に携わったのは渓流のドライフライやルースニングを得意とする里見栄正さんと、サクラマスやレインボーを相手にした本流の釣りを得意とする安田龍司さんの2人。それぞれシングルハンドとダブルハンドのデザインやアクションを監修しています。

ここでは、そんな2人のインタビューを交えながら『Asquith』の開発風景を振り返ります。屈指の釣り具総合メーカーならではの最新テクノロジーは、どのような形でフライロッドに活きているのかについても解説。さらにモデル(番手)ごとのアクションについても、どのようなシチュエーションでの使用を想定して作られたのか紹介します。

里見さん、安田さんが「テストに今まで一番長い時間費やしたロッドかもしれない」と話す『Asquith』。今までのロッドよりもよく曲がるけれども、強い。そんな“ひとつの到達点”ともいえる、他分野の釣りザオで培った技術も取り入れたフラッグシップモデルの魅力に迫ります。

出演:里見栄正、安田龍司
収録時間:13分35秒
(FlyFisher2016年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。


来日して『Asquith』のプロトモデルをテストするスティーブ・レイジェフ(左)

グリップエンドに刻印されたG.loomisのロゴ


カーボンテープをX状に巻き上げた「スパイラルX」を採用した曲げ強度の高いブランク

2017/12/25

最新号 2018年3月号 Early Spring

まだまだ寒さの厳しい日が続きます。外に出て本格的に魚と遊べるのは、もう少し先。というわけで今号では、暖かい室内で道具を愛でる特集を組みました。 表紙を飾るのは、100年以上も前に作られたフライリール。ほかにもバンブーロッドの名品、エーベル・リールの物語、筆者愛用の品々と、その背後に隠された物語などを紹介しています。 道具にこだわるのは、フライフィッシャーの楽しみのひとつ。うっかりハマると抜け出せない、玩物喪志の幸福を味わう一冊です。 また、今号では名手たちのフライボックスの一部を原寸大で掲載。春の解禁前、ご自身のボックスも、これらを真似て埋めてみてはいかがでしょうか。 ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポートや、刈田敏三さんが紹介する“ちょっとヘン”な水生昆虫の話など、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING