LOGIN

ひとつの到達点。『Asquith』

フライロッドの理想形を追求する

里見栄正、安田龍司=出演

繊細にして強靭。しなやかで高反発。これら相反する要素を具現化し、フライロッドの理想形を追求した、『Asquith』。

開発に携わったのは渓流のドライフライやルースニングを得意とする里見栄正さんと、サクラマスやレインボーを相手にした本流の釣りを得意とする安田龍司さんの2人。それぞれシングルハンドとダブルハンドのデザインやアクションを監修しています。

ここでは、そんな2人のインタビューを交えながら『Asquith』の開発風景を振り返ります。屈指の釣り具総合メーカーならではの最新テクノロジーは、どのような形でフライロッドに活きているのかについても解説。さらにモデル(番手)ごとのアクションについても、どのようなシチュエーションでの使用を想定して作られたのか紹介します。

里見さん、安田さんが「テストに今まで一番長い時間費やしたロッドかもしれない」と話す『Asquith』。今までのロッドよりもよく曲がるけれども、強い。そんな“ひとつの到達点”ともいえる、他分野の釣りザオで培った技術も取り入れたフラッグシップモデルの魅力に迫ります。

出演:里見栄正、安田龍司
収録時間:13分35秒
(FlyFisher2016年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。


来日して『Asquith』のプロトモデルをテストするスティーブ・レイジェフ(左)

グリップエンドに刻印されたG.loomisのロゴ


カーボンテープをX状に巻き上げた「スパイラルX」を採用した曲げ強度の高いブランク

2017/12/25

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2022年3月号 Early Spring

【特集1】ツーハンド・キャスティングを分かりたい
【特集2】超巨大フライ列伝!

多くのフライフィッシャーが混乱している、Dループを使うツーハンドのキャスティングにフォーカスしました。
スペイキャスト、アンダーハンド・キャスト、スカジットキャスト、止水のスペイキャストと大きく4つに分け、自身もフライフィッシャー・インターナショナルのマスター・ツーハンドキャスティングインストラクターの資格を持つ東知憲さんが、それぞれの名手にインタビューします。
それぞれのスタイルの出自、対象フィールドと魚をイメージできれば、違いが理解しやすくなりそうです。

第2特集は、全長20cmほどの巨大ストリーマーを紹介します。軽いものを遠くになげるという、フライフィッシングの成り立ちとは真逆をいく、ビッグ&ヘビーなフライのタイイングと考え方を紹介します。

そして今号は第3特集まであります。管理釣り場エキスパート4名に密着しました。彼らに共通するのは、すべてにおいて「緻密」であること。魚釣りとしての技を紹介します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING