LOGIN
ささきつりぐ

魚とのコンタクトを得る釣り

中川 潔=解説

FlyFisher編集部=写真と文

現在発売中のFlyFisher MAGAZINE No.307 Early Summer号にて掲載中のユーロニンフの解説記事「魚とのコンタクトを得る釣り」の未公開カットです。
中川さんの動画は近日公開予定ですが、まずは写真をお楽しみください。



まずは基本姿勢から


ロッドを「立てる」というよりは、水平に近く保持している感じです。

以下の写真のような体勢が多いようです。





ポイントと自分の距離によっては、身体を傾けてロッドの角度を維持しています。



ラインの角度


そしてラインは以下のようにロッドティップよりも上流側に角度を持って水中へ入っています(写真右が下流)。

中川さんが「引く」と繰り返し表現するニュアンスがわかります。


こちらも「引く」ことがよくわかる写真(写真右が下流)。ラインは相当鋭角に水中へ向かい、ラインハンドでラインをたぐり、テンションをキープしています。



今回は入門向けということで、サイターを長くセッティングしていますが、サイターとティペットは以下のように余りを長く伸ばして、見やすくしています。



魚は次々にヒット!


魚影が多い場所に入ったということもありますが、それでも先へ進めないくらい魚はフライをくわえます。こんなに魚がいるのか、と唖然とするほど。







キャスティングの方法


フライラインを使わないので、「フライキャスティング」とはいえませんが、フライの重みを利用して放物線を描くように前方へ飛ばします。



以下が連続写真。ロールキャストに近い動きに感じられます。

1.ロッドを後ろ倒しキャストスタート。フライは水中に入っています


2.「ロッドティップで空中を掃くように」前方へ大きく振り始めます


3.ロッドを軽くストップさせると、ラインが前方へ持ち上がってきます


4.そのままラインがティップを追い越します


5.フライは前方へ


6.ラインが張ったまま上流へ着水。ここから釣りがスタートします



フライパターンは重めがおすすめ


 
C&Fデザインのボートボックスにビッシリと詰め込まれたフライたち。以下が今回使用したパターンです。






フックはすべてバーブレス。

ラインのテンションをキープし、しっかりと魚とコンタクトが取れれば、上顎の中心の、先端部分にフッキングします。

そうすればバレることはほぼないそうです。



現在発売中の現在発売中のFlyFisher MAGAZINE No.307 Early Summer号にて掲載中のユーロニンフの解説記事「魚とのコンタクトを得る釣り」では、中川さんへのインタビューを掲載しています。

ユーロニンフィングの基本からシステム論まで、ヒント満載です。


2023/4/21

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
ささきつりぐ
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
ささきつりぐ

最新号 2023年12月号 Early Autumn

【特集】尖ってるドライフライ

今号では、編集部が「面白いな」と感じた渓流用のドライフライのタイイングと考え方を紹介します。取り上げるのは、パラシュートスパイダー、エルクファンタジィ、丹沢スペシャル、マジックバレット、里見パラシュート、ヨッパラ、特殊部隊の7本です。これらを並べてみると、みなさん気にかけているのは、耐久性、浮力の持続性だけでなく、「誘い」であることがわかります。水面の流れより遅く流れる、フライそのものが揺れる、マテリアルが揺れる、などさまざまですが、いわゆるナチュラルドリフト以上の効果を明確にねらっているものがほとんど。来シーズンに向け、ぜひ参考にしてください。
またウォルト&ウィニー・デッティ、ハリー&エルシー・ダービーに関するフライタイイングの歴史、そして、『The Curtis Creek Manifesto』(日本ではご存知、『フライフィッシング教書』として翻訳されています)の作者、シェリン・アンダーソンについても取り上げています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING