LOGIN

安田式 釣り上がりのウエットフライ

流速差を利用して誘う3本のフライ

安田龍司=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


安田龍司さんによる、渓流でのウエットフライのテクニック解説です。特徴的なのは、ウエットフライを3本使うこと、そして一番上のドロッパーをドライのように浮かべることです。

夏の渇水時期、テレストリアルと小型の水生昆虫を意識したパターンを結んで渓を釣り上がる安田さん。フリーストンのピンスポットを細かく探るようにウエットフライを打ち込んでいきます。

「通常ウエットの釣りだと、釣り下る場合はリアクションで反応を得ることが多いんですが、アップ、もしくはクロスだとナチュラルに、しっかり流下物を食わせるように流します」

3本のウエットフライに異なる役割を持たせて、水中の流速差を利用し、それぞれがバランスを取りながら魚を誘います。

夏場、ドライフライに反応が悪いような状況の対応策としてもおすすめ。プレゼンテーション、ドリフト例、アタリの取り方まで分かりやすく収録しています。

出演:安田龍司
収録時間:17分32秒

(FlyFisher2015年12月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。










2017/1/22

最新号 2018年6月号 Spring

日ごとに緑が濃くなっていく春。本格的に活動を始めるのは、魚だけではありません。
ぽかぽか陽気とライズに誘われて、私たちも釣り旅をしたくなる季節になりました。
今号では、大人のための釣り旅プランを紹介。京都の穴場渓流を釣り、台湾では夜市巡りの後でマハシールをねらう。
さらに石川では、日本酒と魚に酔う旅を……。+αの楽しみがあるプランを、いくつか紹介します。
そして盛期に入る今、やっぱり手にしたいのは大型魚。東北の尺ヤマメ、
中禅寺湖のドライゲーム、そして北海道・朱鞠内湖のイトウ釣行記を、たっぷりの写真で掲載しています。
ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポート第2弾、
刈田敏三さんが記録した4~6月の水生昆虫データなど、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING