LOGIN
ささきつりぐ

「キールショートウイングミッジ」の巻き方

The Expert Fly Dressing

高橋 章=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


キールスタイルのドライフライは効果的な反面、水面でフライが滑りドラッグが掛かりやすい、フッキング率が低い、といった難点もあります。

フックを少し水面に噛ませるようにデザインし、かつフッキングの邪魔になるウイングに軟らかいCDCを短めに取り付けることでキールフライの弱点を解決することができます。

また、テイルを上方へ向けることによって、水面での姿勢も安定します。

繊細なライズの、スレた魚に効く、「キールショートウイングミッジ」のタイイングです。

出演:高橋 章
収録時間:17分14秒

(FlyFisher2010年5月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。






2017/9/22

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING