LOGIN

水面下の基本

渓流のニンフフィッシング

村島徳治=出演

渓流の比較的浅い場所を流す村島徳治さんのニンフフィッシングの基本を解説。「メインの釣りからはちょっと逸れるかも……」としながらも、「“引き出しを増やす”という意味ではとても有効なテクニック」だと話します。

村島さんが実践しているのは、ティペットにパテ状のインジケーターを2つ取り付けて流すルースニング。インジケーターを2点に付けることによって、ラインが伸びる方向が確認でき、フライの位置が把握しやすくなるのが利点です。

ドライフライのタックル、ラインシステムとまったく同じ構成で楽しめるのも大きな特徴。使うのはいわゆるニンフパターンだけでなく、夏になれば沈めるハードシェルアントなども有効です。

盛期にもおすすめの、水面下のアプローチを紹介しています。

出演:村島徳治
収録時間:8分28秒

(FlyFisher2016年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。






2017/1/22

最新号 2018年3月号 Early Spring

まだまだ寒さの厳しい日が続きます。外に出て本格的に魚と遊べるのは、もう少し先。というわけで今号では、暖かい室内で道具を愛でる特集を組みました。 表紙を飾るのは、100年以上も前に作られたフライリール。ほかにもバンブーロッドの名品、エーベル・リールの物語、筆者愛用の品々と、その背後に隠された物語などを紹介しています。 道具にこだわるのは、フライフィッシャーの楽しみのひとつ。うっかりハマると抜け出せない、玩物喪志の幸福を味わう一冊です。 また、今号では名手たちのフライボックスの一部を原寸大で掲載。春の解禁前、ご自身のボックスも、これらを真似て埋めてみてはいかがでしょうか。 ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポートや、刈田敏三さんが紹介する“ちょっとヘン”な水生昆虫の話など、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING