LOGIN

本流ウエットの流し方(シングルハンド編)

シングルハンドのウエットをドローン撮影

杉浦雄三=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。




《Profile》
杉浦雄三(すぎうら・ゆうぞう)
1972年生まれ。愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なうショップ「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらっている。
●TEAL www.teal-flyfishing.com


本流フライフィッシングのエキスパート、杉浦雄三さんの釣りをドローンで撮影、その映像を見ながら杉浦さんに解説していただきました。

今回はシングルハンドでのウエットフライ・フィッシング。使用タックルは4番と、初めての方でも挑戦しやすい釣りです。

基本的にはこのテレストリアル系のパターンをリードフライとして、マドラー系をドロッパーとしています。

今回は、ダブルハンドの釣りとは一転して、シングルハンドでは小さなポイントを、ていねいに流していきます。

ポイントへの距離感やラインの角度などが分かりやすいように、杉浦さんの一連の動きを長めにドローンで追いかけています。杉浦さんがどのようにポイントを見極め、フライをキャストしていくのか、魚の誘い方などをご覧ください。

ウエットフライ初心者には特におすすめの内容です!

今回使用したタックル
ロッド:8フィート6インチ#4
ライン:#5ダブルテーパー
リーダー:ナイロン 12フィート 1X
ティペット:フロロ2X60cm前後(ドロッパー)と、フロロ3〜4X60cm前後(リードフライ)


出演:杉浦雄三
収録時間:20分58秒

(2018年7月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。



2018/7/10

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING