LOGIN

SLACK LINE PRESENTATION CAST

スラックを最大限に利用したプレゼンテーション

カール・マクニール=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


ニュージーランド発のロッドメーカー「エピック」代表で、キャスティングインストラクターとしても活躍するカール・マクニール氏が、スラックを効果的に使ったキャストを解説します。

今回紹介しているのは「パイルキャスト」、「リーチキャスト」、「カーブキャスト」、「エアリアルメンド」。

まずは、キャスティングストローク中の状態を”キャスト”、ロッドティップが止まってからラインの形を変えることを”メンド”と明確に区別し、キャスティングとメンディングの違いを把握しながら、ライン操作を加えていきます。

フライが着水してからすぐに”釣り”を始められる状態にできるこれらのプレゼンテーション。特にフラットな水面でのライズの釣りなど、日本の渓流でも使える場面も多いはずです。

出演:カール・マクニール
収録時間:13分43秒

(2018年3月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。







2018/3/19

最新号 2018年6月号 Spring

日ごとに緑が濃くなっていく春。本格的に活動を始めるのは、魚だけではありません。
ぽかぽか陽気とライズに誘われて、私たちも釣り旅をしたくなる季節になりました。
今号では、大人のための釣り旅プランを紹介。京都の穴場渓流を釣り、台湾では夜市巡りの後でマハシールをねらう。
さらに石川では、日本酒と魚に酔う旅を……。+αの楽しみがあるプランを、いくつか紹介します。
そして盛期に入る今、やっぱり手にしたいのは大型魚。東北の尺ヤマメ、
中禅寺湖のドライゲーム、そして北海道・朱鞠内湖のイトウ釣行記を、たっぷりの写真で掲載しています。
ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポート第2弾、
刈田敏三さんが記録した4~6月の水生昆虫データなど、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING