LOGIN

【魂の100投】山形県/斉藤裕子 編

100投以内で尺イワナをねらえ!

斉藤裕子=出演

オープニングはこちらからご覧いただけます!

《Profile》
斉藤裕子(さいとう・ゆうこ)
福島県郡山市在住。福島、山形の渓流を中心に、シーズン中は自ら長時間の運転もいとわず、東北各地の渓に足繁く釣行している。ドライフライの釣りが得意。

魂の100投。

今回挑戦するのは、斉藤裕子さんです。

「魂の100投」とは、1日にキャストできるのは100投限定。自分で設定した目標をめざすドキュメント企画。

7月中旬、山形県の渓流で、斉藤さんがイワナをターゲットに100投に”魂”を込めます。

今回は、真夏の山岳エリアの釣り。実積のある場所を釣り上がるのか、それともサイトフィッシングで作戦を立てるのか。渇水気味のイワナの渓で、100投限定はどんな結果をもたらすのか必見です。

川の状況を見極めれば、100投とはいえ、こんなに濃いフライフィッシングが楽しめる?

出演:斉藤 裕子
収録時間:34分58秒
(2018年8月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。



2018/9/18

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2022年3月号 Early Spring

【特集1】ツーハンド・キャスティングを分かりたい
【特集2】超巨大フライ列伝!

多くのフライフィッシャーが混乱している、Dループを使うツーハンドのキャスティングにフォーカスしました。
スペイキャスト、アンダーハンド・キャスト、スカジットキャスト、止水のスペイキャストと大きく4つに分け、自身もフライフィッシャー・インターナショナルのマスター・ツーハンドキャスティングインストラクターの資格を持つ東知憲さんが、それぞれの名手にインタビューします。
それぞれのスタイルの出自、対象フィールドと魚をイメージできれば、違いが理解しやすくなりそうです。

第2特集は、全長20cmほどの巨大ストリーマーを紹介します。軽いものを遠くになげるという、フライフィッシングの成り立ちとは真逆をいく、ビッグ&ヘビーなフライのタイイングと考え方を紹介します。

そして今号は第3特集まであります。管理釣り場エキスパート4名に密着しました。彼らに共通するのは、すべてにおいて「緻密」であること。魚釣りとしての技を紹介します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING