LOGIN

「ロイヤルコーチマン」を巻く

ダッククイルをきれいに留める

工藤 淳=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


《Profile》
工藤 淳(くどう・あつし)
青森県・三沢市在住。地元青森県の渓流域を中心にウエットフライの釣りを楽しむ。「Phase-D」のブランド名で、サーモンフライのタイヤ―としても活躍し、近年はタイイングスクールの講師を務める機会も多い。
Phase-D 

ドライフライはもちろん、ウエットフライでも定番クラシックパターンといえるロイヤルコーチマン。

特徴的なテイルやボディーはドライフライを巻く時と大きな違いはありませんが、それでもやはり、ウイングを美しく留めるための工夫が随所に盛り込まれています。

今回のウイングであるダッククイルは、フェザントクイルなどに比べれば、比較的繊維がばらけにくく、クイルウイングのなかでは、やり直しも行ないやすいマテリアルといえます。

そんなウイングの留め方も含め、ウエットフライをきれいに、丈夫に巻くコツを工藤淳さんが解説します。

出演(タイヤー):工藤 淳
収録時間:8分31秒
(2018年7月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

ロイヤルコーチマン
●フック……SAWADA オールドリマリック #6
●スレッド……16/0
●テイル……ゴールデンフェザント・ティペット
●ボディー……ピーコックハール、レッドフロス
●ハックル……コックネック・ブラウン
●ウイング……ダッククイル・ホワイト(一対)




2018/7/19

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年12月号 Mid Autumn

第1特集
フライライン大宇宙

第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ


#3〜4の渓流用ラインを中心にフライラインを特集します。現在日本で入手可能なメーカーの解説や、38本の振り比べなど、どれを選べばよいか悩んでいるフライフィッシャーのための記事を作りました。記事をとおして感じるのは、メーカーがそれぞれにこだわりを持って作っていることと、ラインは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」で選んでよいのではないか、ということです。個人のキャスティングのクセ、使うフライやロッド、よく行くフィールドなどによって、評価基準は千差万別。あなたに合った1本を見つけてください!
第2特集では「リバーステイ」。源流へ行くのではなく、渓流で泊まる3つのストーリーをお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING