LOGIN

「ロイヤルコーチマン」を巻く

ダッククイルをきれいに留める

工藤 淳=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


《Profile》
工藤 淳(くどう・あつし)
青森県・三沢市在住。地元青森県の渓流域を中心にウエットフライの釣りを楽しむ。「Phase-D」のブランド名で、サーモンフライのタイヤ―としても活躍し、近年はタイイングスクールの講師を務める機会も多い。
Phase-D 

ドライフライはもちろん、ウエットフライでも定番クラシックパターンといえるロイヤルコーチマン。

特徴的なテイルやボディーはドライフライを巻く時と大きな違いはありませんが、それでもやはり、ウイングを美しく留めるための工夫が随所に盛り込まれています。

今回のウイングであるダッククイルは、フェザントクイルなどに比べれば、比較的繊維がばらけにくく、クイルウイングのなかでは、やり直しも行ないやすいマテリアルといえます。

そんなウイングの留め方も含め、ウエットフライをきれいに、丈夫に巻くコツを工藤淳さんが解説します。

出演(タイヤー):工藤 淳
収録時間:8分31秒
(2018年7月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

ロイヤルコーチマン
●フック……SAWADA オールドリマリック #6
●スレッド……16/0
●テイル……ゴールデンフェザント・ティペット
●ボディー……ピーコックハール、レッドフロス
●ハックル……コックネック・ブラウン
●ウイング……ダッククイル・ホワイト(一対)




2018/7/19

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
 

NOW LOADING