LOGIN
GOOSE FACTOR

小野光興さんのプレゼンテーション動画

名手を知る

小野光興=出演


《Profile》
小野 光興(おの・みつおき)
1956年生まれ。山口県山口市在住。地元ではゴギとヤマメをメインにねらうベテランエキスパート。使用するリーダーの全長は、基本24フィート。うち、ティペット部分は8フィートほど。リーダーだけで釣ったとしても垂れ下がってこないようにバットは細めのデザイン。もちろん遠くから釣ることも自在


西日本の名手としてしられる小野光興さんの釣りを東北にて撮影させていただきました。




カメラを構えていて感じたのは、フォルスキャストの回数がほかのフライフィッシャーよりも極端に少ない、もしくはぼぼしないこと。

ポイントを流しきったと思ったらすぐに次の場所にフライがズバッと落ちています。

また、多用するエルクヘア・カディスは空気抵抗を減らしつつ、水面にささりドラッグをヘッジする効果を持たせるために、非常に短くタイイングされています。

普段はもっと被った川でゴギをメインでねらうという小野さん。

今回はホームの川よりもずっとひらけた流れでのヤマメねらいの釣りだったため、小野さん本来のプレゼンテーションではありませんが、それでも片鱗は感じていただけると思います。

2020/10/22

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING