LOGIN
GOOSE FACTOR

冬の夜遊び

三浦半島のメバル釣り

佐古啓樹=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


横浜市に住む佐古啓樹さんが日常的に楽しんでいるというのが、東京湾での夜のメバルフィッシング。静かな海にウエーディングしていくと、そこには魚の棲家となるアマモが豊かに茂っていました。

夏場の暑い時期以外は、ほぼ通年楽しめるというこのエリアのメバル釣り。特に魚がエサを捜しに水面付近まで出てくる夜は、フライへの反応も良好です。

5番タックルを基準に、風がなければ4番ロッド、そしてフローティングラインで楽しめるなど、特別な道具が必要ないのもこの釣りの特徴。

基本的には止水のリトリーブの釣りと同様のスタイルで、メバルのアタリは、サイズに似合わずなかなか強烈。状況が良ければ数釣りも楽しめます。

これまであまり取り上げられることのなかった、夜のフライフィッシングの雰囲気も、お楽しみください。

出演:佐古啓樹
収録時間:13分50秒

(FlyFisher2015年3月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。








2017/1/22

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING