LOGIN

【魂の100投】鳥取県/松井伸吾 編

100投以内で尺イワナをねらえ!

松井伸吾=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


《Profile》
松井伸吾(まつい・しんご)
兵庫県三田在住。1982年生まれ。山陰、北陸、の渓流を釣り歩く。フライがメインだが、バスフィッシング歴も長く、ジギング、ワカサギなども楽しむ。山陰地区、特に鳥取のフライ、ルアーのガイドサービス「山陰トラウトフィッシング(STF)ガイド」を展開。バリバスフィールドテスター。(

魂の100投。

今回挑戦するのは、松井伸吾さんです。

「魂の100投」とは、1日にキャストできるのは100投限定。自分で設定した目標をめざすドキュメント企画。

2018年7月下旬、ホームグラウンである鳥取県の渓流で、松井さんがイワナをターゲットに100投に”魂”を込めます。

真夏の山岳エリアの釣り。入渓するまでちょっと難しいとっておきの渓流での挑戦。緊張のあまり自分のリールを忘れてくる、というアクシデントにもめげず、どんどん上流を目差します。

そしてラストは……。
ヤラセじゃありませんよ!






出演:松井 伸吾
収録時間:30分09秒
(2019年1月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

2019/1/30

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING