LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

「マーチブラウン」のタイイング

どこでも使える定番ウエットを巻く

工藤 淳=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


《Profile》
工藤 淳(くどう・あつし)
青森県・三沢市在住。地元青森県の渓流域を中心にウエットフライの釣りを楽しむ。「Phase-D」のブランド名で、サーモンフライのタイヤ―としても活躍し、近年はタイイングスクールの講師を務める機会も多い。
Phase-D 

さまざまな場面で使い勝手の多いウエットフライの定番パターン、マーチブラウンのタイイングを工藤淳さんが解説します。

タグ、ダビングボディー、そしてウイングなど、ウエットフライ・タイイングのコツを紹介。丈夫で、魚を掛けても壊れにくく巻かれたパターンは、結果的に綺麗な仕上がりにもつながります。

マーチブラウンは、ウエットフライの中では比較的シンプルでベーシックなパターンですが、さまざまなスタイルのフライに使えるテクニックが満載の1本。まだウエットフライを巻いたことがないという人も、まずはこのパターンから挑戦してみては?

出演(タイヤー):工藤 淳
収録時間:10分34秒
(2018年7月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

マーチブラウン
●フック……SAWADA オールドリマリック #6
●スレッド……16/0
●タグ……ゴールドフラットティンセル・スモール
●テイル……パートリッジ
●リブ……オーバルゴールドティンセル
●ボディー……ヘアズイヤー・オリーブ
●ハックル……パートリッジ・グレーネック
●ウイング……ヘンフェザント・ウイングクイル(一対)





2018/7/11

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING