LOGIN

フライラインとスイベルを接続する方法

強度も機能も申し分なし

安田龍司=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


シューティングヘッドとランニングライン。シューティングヘッドとリーダー。

多くの方がループ・トゥ・ループで接続していることでしょう。

しかし安田龍司さんは、これを接続するために極小のスイベルを使っています。

一番のメリットはランニングラインがヨレにくくなること。ライン交換も簡単です。

この取り付け方と、ランニングラインの結び方を動画で解説します。

フライラインと接続部分の段差を小さくすれば、ガイドに引っかかることもありません。

出演:安田龍司
収録時間:3分48秒

(2018年2月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。





2018/2/23

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING