LOGIN

湖のリトリーブフィッシング

三者三様の誘い方

野崎茂則、杉坂隆久、中峰健児=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


水面下にフライを泳がせるリトリーブのテクニックを、そのバリエーションや実践法を軸に3人の芦ノ湖ファンが紹介します。

まずは「ノザキツイスト」。生きたワカサギを意識し、フライの動きを全く止めないことで知られる野崎茂則さん独自のリトリーブ方法は必見です。フルラインを手中に収めてしまい、まったく足元に落とさないテクニックは、釣り場を選ばない特徴も持ちます。

次は杉坂隆久さんのリトリーブ。テイルが長いフライは小刻みに引くのがよいとして、その後リトリーブで合わせるテクニックを紹介します。アタリがあってもストライクにつながらない場合の対処法などもレクチャーします。

最後は中峰健児さんの「リトリーブの選択基準」を解説。風やライズの有無などから、その時のシチュエーションに合ったフライの引き方を見つけます。ハンドツイストやロングストロークなど、魚の活性に合わせたリトリーブ法も紹介します。

出演:野崎茂則、杉坂隆久、中峰健児
収録時間:12分46秒

(FlyFisher2012年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。









2017/1/22

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING