LOGIN

湖のリトリーブフィッシング

三者三様の誘い方

野崎茂則、杉坂隆久、中峰健児=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


水面下にフライを泳がせるリトリーブのテクニックを、そのバリエーションや実践法を軸に3人の芦ノ湖ファンが紹介します。

まずは「ノザキツイスト」。生きたワカサギを意識し、フライの動きを全く止めないことで知られる野崎茂則さん独自のリトリーブ方法は必見です。フルラインを手中に収めてしまい、まったく足元に落とさないテクニックは、釣り場を選ばない特徴も持ちます。

次は杉坂隆久さんのリトリーブ。テイルが長いフライは小刻みに引くのがよいとして、その後リトリーブで合わせるテクニックを紹介します。アタリがあってもストライクにつながらない場合の対処法などもレクチャーします。

最後は中峰健児さんの「リトリーブの選択基準」を解説。風やライズの有無などから、その時のシチュエーションに合ったフライの引き方を見つけます。ハンドツイストやロングストロークなど、魚の活性に合わせたリトリーブ法も紹介します。

出演:野崎茂則、杉坂隆久、中峰健児
収録時間:12分46秒

(FlyFisher2012年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。









2017/1/22

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING