LOGIN
海人スタイル奄美

クロムシフライ&スペントパターンのタイイング

大ヤマメに高実績の2パターン

渋谷直人=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


渋谷直人さんの大型テレストリアルパターン「クロムシフライ」と、羽化に失敗したダンをイメージした「スペントパターン」のタイイング動画です。

「クロムシフライ」での注目点は、ピーコックソード・ウイングの取り付け方とカット方法。カーブしている素材を、ボディーの強調材料としてうまくなじませる技を紹介します。

さらに直径500円玉ほどもある長いハックルを留めるコツも見逃せません。

「スペントパターン」では、巻き留めたCDCを左右に振り分けるのがキモになります。瞬間接着剤でウイング先端をまとめ、きれいに整ったスペントのシルエットを作るための手順を解説します。

出演:渋谷直人
収録時間:35分5秒

(FlyFisher2014年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。










2017/1/22

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING