LOGIN

杉浦流 簡単ウエットフライ・タイイング

本流の1軍パターン3本を巻く

杉浦雄三=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


杉浦雄三さんによるウエットフライのタイイング。「ポーラーセッジ」、「ブラックウイング・セッジⅡ」、「カジカゾンカー」の3本の巻き方を解説します。難しいテクニックはいっさい使わない、効果抜群のウエットフライです。

「ポーラーセッジ」(#6~8)は、瀬など速い流れのなかでもいかにバランスを取って泳ぐかを目的に作られたフライ。強い水流を受けてもしっかりとシルエットを保って魚にアピールします。

「ブラックウイング・セッジⅡ」(#8~10)は、大きめのクイルウイングで、水中でトリッキーな動きをさせることをねらったパターン。#10前後の本流として小さめのフライながら、大きなアピール力を持ちます。

「カジカゾンカー」(#4)は、マラブ―でボリュームを持たせたボディーが、水中で膨らんだりしぼんだりして、わずかな水流でもしっかりと泳ぐカジカパターンです。大きなヘッドがより水流を受けやすくしています。

出演:杉浦雄三
収録時間:28分32秒

(FlyFisher2015年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。











2017/1/22

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
 

NOW LOADING