LOGIN

杉浦流 簡単ウエットフライ・タイイング

本流の1軍パターン3本を巻く

杉浦雄三=出演

杉浦雄三さんによるウエットフライのタイイング。「ポーラーセッジ」、「ブラックウイング・セッジⅡ」、「カジカゾンカー」の3本の巻き方を解説します。難しいテクニックはいっさい使わない、効果抜群のウエットフライです。

「ポーラーセッジ」(#6~8)は、瀬など速い流れのなかでもいかにバランスを取って泳ぐかを目的に作られたフライ。強い水流を受けてもしっかりとシルエットを保って魚にアピールします。

「ブラックウイング・セッジⅡ」(#8~10)は、大きめのクイルウイングで、水中でトリッキーな動きをさせることをねらったパターン。#10前後の本流として小さめのフライながら、大きなアピール力を持ちます。

「カジカゾンカー」(#4)は、マラブ―でボリュームを持たせたボディーが、水中で膨らんだりしぼんだりして、わずかな水流でもしっかりと泳ぐカジカパターンです。大きなヘッドがより水流を受けやすくしています。

出演:杉浦雄三
収録時間:28分32秒

(FlyFisher2015年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。











2017/1/22

最新号 2018年3月号 Early Spring

まだまだ寒さの厳しい日が続きます。外に出て本格的に魚と遊べるのは、もう少し先。というわけで今号では、暖かい室内で道具を愛でる特集を組みました。 表紙を飾るのは、100年以上も前に作られたフライリール。ほかにもバンブーロッドの名品、エーベル・リールの物語、筆者愛用の品々と、その背後に隠された物語などを紹介しています。 道具にこだわるのは、フライフィッシャーの楽しみのひとつ。うっかりハマると抜け出せない、玩物喪志の幸福を味わう一冊です。 また、今号では名手たちのフライボックスの一部を原寸大で掲載。春の解禁前、ご自身のボックスも、これらを真似て埋めてみてはいかがでしょうか。 ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポートや、刈田敏三さんが紹介する“ちょっとヘン”な水生昆虫の話など、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING