LOGIN

紅葉のフライフィッシング

長野県/野尻湖のスモールマウスバス

岩井渓一郎=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。



2015年秋、禁漁直前の長野県・野尻湖へ釣行。この時期は、釣り人がほとんど見えない「貸し切り状態」。逆にいえば釣れない、ということですが、シャローにイワイミノーを泳がせると良型の反応が……。

この時期シャローに残っているのはグッドコンディションのバスが多いという野尻湖。そんな魚を、岩井渓一郎さんがトップウオーターに誘い出します。

#6前後のタックルにフローティングライン、フライは基本的にイワイミノーのみ。3Xのティペットに不安を感じるような魚との水面での駆け引きは、この釣りならでは。動画では、イワイミノーの効果的な操作方法も詳しくレポートしています。

バスがフライに興味を示し、飛びついてくる瞬間まで、すべて目視で楽しめるエキサイティングな湖のフライフィッシングの魅力をお伝えします。

出演:岩井渓一郎
収録時間:16分37秒

(FlyFisher2016年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。








2017/12/11

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING