LOGIN

ENDLESS FLOW

初夏の忍野の楽しみ方

黒石真宏=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


FlyFisher誌で「忍野随想」を連載していた黒石真宏さんが、初夏の桂川忍野で魚をねらう2つのメソッドを紹介します。

1つはマメコガネなどのテレストリアルを意識したドライフライの釣り。ラバーレッグ付きのビートルを、足元のバンク際、倒木の裏、枝の下などに上流から送り込み、トラウトの反応を探ります。

繊細な釣りのイメージのある忍野でも、あえて大きなフライで楽しむスタイルを紹介します。

もう1つは、水中の魚を目視しながらフライを流し込むサイトニンフィング。魚がその時食べている水中の流下物に合わせたニンフを送り込んでいきます。

「流れるエサと魚の関係がすごくはっきり見えること」が忍野の魅力だと話す黒石さん。ベテランならではのテクニックと歴史ある釣り場の楽しみ方をご覧ください。

出演:黒石真宏
収録時間:36分40秒

(FlyFisher2012年9月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。










2017/1/22

最新号 2018年6月号 Spring

日ごとに緑が濃くなっていく春。本格的に活動を始めるのは、魚だけではありません。
ぽかぽか陽気とライズに誘われて、私たちも釣り旅をしたくなる季節になりました。
今号では、大人のための釣り旅プランを紹介。京都の穴場渓流を釣り、台湾では夜市巡りの後でマハシールをねらう。
さらに石川では、日本酒と魚に酔う旅を……。+αの楽しみがあるプランを、いくつか紹介します。
そして盛期に入る今、やっぱり手にしたいのは大型魚。東北の尺ヤマメ、
中禅寺湖のドライゲーム、そして北海道・朱鞠内湖のイトウ釣行記を、たっぷりの写真で掲載しています。
ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポート第2弾、
刈田敏三さんが記録した4~6月の水生昆虫データなど、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING