LOGIN

「WET FLY SCHOOL」レポート 後編

in 山梨県・奈良子釣りセンター

FlyFisher編集部=写真と文

山梨県の「奈良子釣りセンター」で11月25日、工藤淳さん、市村晃さんを講師に迎えたスクールイベントが開催。フェイスブック上で募った20名のフライフィッシャーが参加しました。今回は、市村晃さんのタイイングデモのようすをレポートします。

市村晃さんがデモを行なったのは、ずばり「管理釣り場の必釣パターン」。

市村さん自身多くの実績を持つ、渋い状況のポンドでも、まず1尾釣るための3パターンのタイイングを行ないました。

1本目は沈下系パターン。クリーム系やピンク系のエボレスヤーンを用いたフライです。

基本的にはキャスト後、落とし込み(フォール)で誘います。アタリが取りにくい場合はインジケーターを付けてもOK。時おりシャクって、再びフォール……といった感じで魚を誘います。
エボレス
●フック……TMC2499 SP-BL #14など
●ビーズ……ゴールドビーズなど(Mサイズ)
●スレッド……8/0(ボディーの間からわずかに透けて目立つレッドカラー)
●ボディー……エボレスヤーン
ビーズは表層で誘う場合ほどサイズを小さくする。赤いビーズヘッドは魚を引き付ける効果も高いが、スレるのも早いので、金や黒にカラーをローテーションして使いたい。ヤーンはタイイング後、歯ブラシなど軟らかいブラシですいておく。


2本目はリトリーブ系のトラウトガムを使ったパターン。10㎝と長めのトラウトガムが特徴的なフライですが、特に活性の高い魚に効くといいます。リトリーブ系の万能フライにはウーリーバガーがありますが、基本的な使い方は同じです。
トラウトガム
●フック……TMC2499 SP-BL #12
●ビーズ……タングステンビーズ・ブラック(Mサイズ)
●スレッド……8/0(ビーズだけは4/0で固定)
●テイル……トラウトガム(10㎝)
●ボディー……エボレスヤーン(またはメルティーヤーン)
テイルのトラウトガムが長いほど、やる気のある魚が反応しやすいという。ちなみに管理釣り場ではなくとも、意外にドラワカなどにスレてしまった魚にも効果的だとか。


デモでは、マテリアルの特徴などを解説しながらタイイング。市村さんが使う「管理釣り場で効くマテリアル」についても紹介された

最後のフライは、フォールでもリトリーブでも反応が薄い時に結びたいという、ユスリカ系(ソフトハックル)。水面直下で食わせるパターンとして、ラインを張らず緩めずのテンションでゆっくりと漂わせます。
ユスリカ系ソフトハックル
●フック……TMC2499 SP-BL #12
●ビーズ……コパービーズ(Sサイズ)
●スレッド……8/0
●リブ……ミラージュティンセル(S)
●ボディー……ピーコック・ブリーチド・グレーオリーブ
●ウイング……CDCナチュラル
●ハックル……コック・デ・レオン・ヘンハックル
ハックルはウイングにかかる長さに調整。ビーズは必要に応じて、レッドワイヤに変更するのもあり


以上の3本が今回デモンストレーションで巻かれたパターン。タイイングの後は、実際にポンドで使い方を解説。高いプレッシャーのかかった魚たちは、どんな要素に反応してフライをくわえるのか……そんなことを想定しながらの説明が行なわれました。

タイイングの後は実釣デモも実施。フォール、リトリーブなど、ポンドの魚を誘う技を解説

2017/12/6

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING