LOGIN

フライフィッシング101終了!

多摩川のほとりのピースフルな時間

FlyFisher編集部=写真と文

TREX Kawasaki RIVER CAFEにて開催されたワークショップ、
「多摩川フライフィッシング101」が8月5日(日)に開催!


会場は今年6月にオープンしたばかりの「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」!Fにあるカフェ「TREX Kawasaki RIVER CAFE


事前予約制のキャスティングとタイイングのスクールはなかなかの盛況。参加者のみなさん、猛暑の中でも熱心に練習に励んでいました(もちろん熱中症には注意しました!)。

メインの講師はティムコの東瀬一郎さん。フライフィッシングインストラクターとしてはベテラン中のベテラン

今回参加してくれたキッズたちがずっとフライフィッシングを続けてくれたらいいなあ、と思いつつ当日の写真をご紹介します!

カフェの前にある芝生スペースでキャスティング。パタゴニア・フライフィッシングアンバサダーの中根淳一さんもインストラクターとして参加

タックルはレンタル。もちろん自分のタックルを持ち込んでもOK

キッズは当然こうなります

女性も練習!

カフェの料理長も練習!

涼しい室内のカフェスペースではタイイングレッスン

やっぱりタイイングは興味深いようです

親子での参加も多数。夏休みの思い出になってくれたらいいですね

夏休み中に北海道へ行くそうです

こちらもティムコのスタッフがていねいにレクチャーしてくれました

開催場所であるRIVER CAFEは多摩川河口のフラットから至近。最近確立されつつある、ここでのクロダイやキビレのフライフィッシングについての情報交換も活発でした

つり人社も書籍とDVDを販売させていただきました

そして、多摩川といえば『Tamagawa 東京ネイチャー』。フライフィッシャーにはおなじみ、写真家・津留崎健さんの写真集です。これまでも津留崎さんは、釣りの風景を美しく切り取ってきましたが、この写真集には力強い自然だけでなく、「社会との繋がり」も写っています。


今後の具体的なスケジュールは未定ですが、これからRIVER CAFEではフライフィッシングのイベントが行なわれていく予定。カフェとしてもクオリティーが高いので、釣りとは関係なく食事を楽しむだけでも、足を運ぶ価値はあるはずです!

2018/8/6

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年12月号 Mid Autumn

第1特集
フライライン大宇宙

第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ


#3〜4の渓流用ラインを中心にフライラインを特集します。現在日本で入手可能なメーカーの解説や、38本の振り比べなど、どれを選べばよいか悩んでいるフライフィッシャーのための記事を作りました。記事をとおして感じるのは、メーカーがそれぞれにこだわりを持って作っていることと、ラインは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」で選んでよいのではないか、ということです。個人のキャスティングのクセ、使うフライやロッド、よく行くフィールドなどによって、評価基準は千差万別。あなたに合った1本を見つけてください!
第2特集では「リバーステイ」。源流へ行くのではなく、渓流で泊まる3つのストーリーをお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING