ハンドメイド・タックルが集う

「竹のフィッシング・クラフト展」

開催日:2017年12月2日(土)~3日(日)
一度に多数のバンブーロッドを振り比べることのできる貴重な機会。ビルダー本人から直接解説が聞ける
※写真は過去の開催模様です


開催概要
●日時 2017年12月2日(土)~3日(日)
●時間 両日とも、午前10時~午後4時
●場所 国営昭和記念公園(花みどり文化センター)
●問い合わせ 国営昭和記念公園 ☎042-528-1751 
竹のフィッシング・クラフト展 take-kura.amebaownd.com


フライフィッシングをテーマにした「竹のフィッシング・クラフト展」が、今年も東京の昭和記念公園で開催されます。

同イベントは今回で6回目。会場にはバンブーロッドやフェルール、ハンドメイドリールなどの分野で活躍する国内ビルダーらがブースを並べます。

2日間行なわれるイベントでは、多くのハンドメイド・タックルを実際に手に取って見ることができるほか、バンブーロッドの試し振りが可能。入場は無料となっています。
※展示会場での販売は行なっていません。

<会場で試投できるタックルメーカー>
Barada Rod
Bigforest Bamboo Rod
Bum Rod
Grass Field
KINEYA TACKLE MAKER
Kurihara Rod Craft
Nagatani Rod
宮崎ロッド・Prime Time
Paradise Rod
竹竿工房 JADE
Suzuki Bamboo Rods
T-MADE(12/2のみ)
Works-Aim

2017/11/1

最新号 2017年12月号 Fall

特集は「川を読む」。秋田県の役内川を例に、まさに「ここに尺ヤマメがいた」というポイントをピックアップ。流れのようす、底石の入り方、水面の波立ちぐあいなどなど、良型が付く場所の特徴を解説します。 また伝説的ともいうべきリールの名品「ボンホフ」と、その製法を忠実に踏襲しようと試みた男の物語を収録。道具に対する釣り人の情熱と愛を感じる内容です。 そのほか、イワナが浮いてフライをくわえる瞬間までばっちり見えるような源流釣行、北海道のアメマス事情、またキューバやオーストラリアのソルトゲームなども掲載。渓流オフシーズンの今だからこそ、じっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING