LOGIN

ハンドメイド・タックルが集う

「竹のフィッシング・クラフト展」

開催日:2017年12月2日(土)~3日(日)
一度に多数のバンブーロッドを振り比べることのできる貴重な機会。ビルダー本人から直接解説が聞ける
※写真は過去の開催模様です


開催概要
●日時 2017年12月2日(土)~3日(日)
●時間 両日とも、午前10時~午後4時
●場所 国営昭和記念公園(花みどり文化センター)
●問い合わせ 国営昭和記念公園 ☎042-528-1751 
竹のフィッシング・クラフト展 take-kura.amebaownd.com


フライフィッシングをテーマにした「竹のフィッシング・クラフト展」が、今年も東京の昭和記念公園で開催されます。

同イベントは今回で6回目。会場にはバンブーロッドやフェルール、ハンドメイドリールなどの分野で活躍する国内ビルダーらがブースを並べます。

2日間行なわれるイベントでは、多くのハンドメイド・タックルを実際に手に取って見ることができるほか、バンブーロッドの試し振りが可能。入場は無料となっています。
※展示会場での販売は行なっていません。

<会場で試投できるタックルメーカー>
Barada Rod
Bigforest Bamboo Rod
Bum Rod
Grass Field
KINEYA TACKLE MAKER
Kurihara Rod Craft
Nagatani Rod
宮崎ロッド・Prime Time
Paradise Rod
竹竿工房 JADE
Suzuki Bamboo Rods
T-MADE(12/2のみ)
Works-Aim

2017/11/1

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING