LOGIN

「はじめてのフライフィッシング」

3/28 パタゴニア・トークインベント開催!

FlyFisher編集部=写真と文

開催概要
●日時 2018年3月28日(水)
●時間 19時30分開場、19時45分開始、21時終了予定
●場所 パタゴニア 東京・ゲートシティ大崎
●定員 80名(要予約)
●問い合わせ 予約:パタゴニア 東京・ゲートシティ大崎 ☎03-5487-2101まで


フライフィッシングに興味のある方や、これから始めようと思っている方を対象にしたトークイベント「初めてのフライフィッシング」が「パタゴニア 東京・ゲートシティ大崎」で開催されます。当日のスピーカーは、『FlyFisher ONLINE』の滝大輔と、パタゴニア・フライフィッシング・アンバサダーの中根淳一さん。

美しい映像やスライドとともに、2人がこれまでに経験してきたエピソードを交えて、フライフィッシングの魅力を語ります。

トークには、テンカラ釣りのこと、各地のフィールド事情、フライフィッシングに必要な装備についてのトピックなども盛り込まれる予定で、さまざまな側面から「フライフィッシングならでは」の楽しみをお伝えします。

<スピーカープロフィール>
中根淳一(なかね・じゅんいち)
グラフィックデザイナー、イラストレーター、ライター。6歳の時に初めて釣りザオを手にして、10歳でルアーフィッシング、12歳になり父親の影響でフライフィッシングをはじめる。現在ではソルトウォーター・フライフィッシングを得意としながら、湖や川へも通い、フィールドを選ばず幅広く楽しんでいる。
パタゴニア・フライフィッシング・アンバサダーも務める。



滝 大輔(たき・だいすけ)
1995年より株式会社つり人社に勤務し、フライフィッシング専門誌『FlyFisher』の編集を担当。同誌編集長、映像編集室室長を経て、現在はデジタルコンテンツグループ・マネージャーとして「FlyFisher ONLINE」のプロデュースを行なう。


2018/3/8

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2020年3月号 Early Spring

特集
LOCAL FLIES
北海道から沖縄まで、46名の271本。

第2特集
ウエット&ストリーマー、4人のエキスパートによる水中考察

今年活躍するであろう、フライパターンを46名の方々に紹介していただきました。マッチング・ザ・ハッチ用、海のストリーマーや甲殻類、ウエットフライに本流用ストリーマーまで日本の各釣り場に対応したフライが並びます。
このほか、第2特集として、本流のウエットフライとストリーマーの流し方を、概念図を使って解説しています。名手4人全員に同じポイント図を渡し、ラインシステム、立ち位置、キャストの方向、スイングするラインの形など、それぞれのイメージを描き込んでいただきました。各自の共通点、相違点を比較しながら、釣りに役立ててください。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING