LOGIN

タックルバランスを見直してみよう!

12/2 Meetup! FlyFishing Fans OSAKA

FlyFisher編集部=写真と文

開催概要
●日時 2018年12月2日(日)
●時間 午前10時~午後4時
●場所 水道記念館(大阪府東大阪市東淀川区柴島1丁目3-1)※無料駐車場有り
●参加費 無料(出展料は1,000円)
●申し込み方法 フェイスブックの専用ページにて、「参加予定」をクリック!
●掲載ページ www.facebook.com/events/451080228690748/
●主催 Meetup Fly Fishing Fans OSAKA


「タックルバランスを見直す」ワークショップ

”フライフィッシャーによるフライフィッシャーの為のワークショップ”として開催している「Meetup!! FlyFishing Fans OSAKA」の第3回目が開催決定!

メーカーやクラフトマン、フライタイヤーたちが集まり、それぞれの製品、作品を展示します。また、ガイドサービスや釣り場の情報発信、キャスティングインストラクターによるワークショップなども開催します。入場は無料。

今回のテーマは「あなたのタックルバランスを見直してみませんか?」。普段使用しているタックルや使ってみたいと思っている新たなタックルを持ち寄り、意見交換しながら、自分だけでは分かりにくいタックルバランスを検討してみます。

第1回目でも同じテーマを扱いましたが、時間的に個々のタックルを検証するところまで進まなかったこともあり、今回はその第2弾して、前々回の続きを行なう予定です。


このほか、同日会場内では「タイイング体験会」も開催予定! タイイングを体験してみたい、フライをどのように作るのか見てみたい……という方も大歓迎です。

参加申し込みや、詳細な会場情報などはフェイスブック専用ページに掲載されていますので、そちらもご覧ください。

2018/9/21

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING