LOGIN
海人スタイル奄美

ハンドクラフト展、今年も開催。

FF関連ビルダーが一堂に出展

FlyFisher編集部=写真と文
会場内には所狭しとブースが並ぶ。本格的なシーズン前の情報交換の場としても釣り人が集う(写真は2017年のハンドクラフト展)

開催概要
●日時 2018年2月23日(金)~25日(日)
●時間 23日/12〜17時、24日/10〜17時、25日/10〜16時
●場所 都立産業貿易センター台東館(東京都台東区) 7F南側 入場無料
●問い合わせ つるや釣具店 ☎03-3842-4071 fly-tsuruya.co.jp


フライフィッシングに関連するクラフトマン、アーティストが全国津々浦々から集う、つるや釣具店主催の『ハンドクラフト展』。今回で29回目の開催となり、今年もたくさんのハンドクラフト製品の販売、受注を行なう予定。

会場では国内ビルダー17名のバンブーロッドのほか、個性的なカーボンロッドやフライリールのブースが出展。多数のビルダーが集う特別な3日間として、ハンドクラフト展は例年本格的なシーズン前の恒例イベントとなっています。

今年は、会場を以前の都立産業貿易センターに戻して開催。詳細は、つるや釣具店のホームページに記載されています。

以下は、2017年の開催模様です。 当日は、アマチュア・バンブーロッドメイキングコンテストの入賞作品も展示

釣り道具だけに限らず、フライフィッシングをモチーフとした、さまざまなハンドクラフト作品が並ぶ

期間中、会場ではエキスパートたちによるタイイングでも実施される

水彩画、銅版画などの作品も展示・販売。1日いても飽きないイベントになっている

2018/1/29

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
海人スタイル奄美
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
海人スタイル奄美

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING