LOGIN

ハンドクラフト展、今年も開催。

FF関連ビルダーが一堂に出展

FlyFisher編集部=写真と文
会場内には所狭しとブースが並ぶ。本格的なシーズン前の情報交換の場としても釣り人が集う(写真は2017年のハンドクラフト展)

開催概要
●日時 2018年2月23日(金)~25日(日)
●時間 23日/12〜17時、24日/10〜17時、25日/10〜16時
●場所 都立産業貿易センター台東館(東京都台東区) 7F南側 入場無料
●問い合わせ つるや釣具店 ☎03-3842-4071 fly-tsuruya.co.jp


フライフィッシングに関連するクラフトマン、アーティストが全国津々浦々から集う、つるや釣具店主催の『ハンドクラフト展』。今回で29回目の開催となり、今年もたくさんのハンドクラフト製品の販売、受注を行なう予定。

会場では国内ビルダー17名のバンブーロッドのほか、個性的なカーボンロッドやフライリールのブースが出展。多数のビルダーが集う特別な3日間として、ハンドクラフト展は例年本格的なシーズン前の恒例イベントとなっています。

今年は、会場を以前の都立産業貿易センターに戻して開催。詳細は、つるや釣具店のホームページに記載されています。

以下は、2017年の開催模様です。 当日は、アマチュア・バンブーロッドメイキングコンテストの入賞作品も展示

釣り道具だけに限らず、フライフィッシングをモチーフとした、さまざまなハンドクラフト作品が並ぶ

期間中、会場ではエキスパートたちによるタイイングでも実施される

水彩画、銅版画などの作品も展示・販売。1日いても飽きないイベントになっている

2018/1/29

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING