LOGIN
アカサカ釣具

ハンドクラフト展、今年も開催。

FF関連ビルダーが一堂に出展

FlyFisher編集部=写真と文
会場内には所狭しとブースが並ぶ。本格的なシーズン前の情報交換の場としても釣り人が集う(写真は2017年のハンドクラフト展)

開催概要
●日時 2018年2月23日(金)~25日(日)
●時間 23日/12〜17時、24日/10〜17時、25日/10〜16時
●場所 都立産業貿易センター台東館(東京都台東区) 7F南側 入場無料
●問い合わせ つるや釣具店 ☎03-3842-4071 fly-tsuruya.co.jp


フライフィッシングに関連するクラフトマン、アーティストが全国津々浦々から集う、つるや釣具店主催の『ハンドクラフト展』。今回で29回目の開催となり、今年もたくさんのハンドクラフト製品の販売、受注を行なう予定。

会場では国内ビルダー17名のバンブーロッドのほか、個性的なカーボンロッドやフライリールのブースが出展。多数のビルダーが集う特別な3日間として、ハンドクラフト展は例年本格的なシーズン前の恒例イベントとなっています。

今年は、会場を以前の都立産業貿易センターに戻して開催。詳細は、つるや釣具店のホームページに記載されています。

以下は、2017年の開催模様です。 当日は、アマチュア・バンブーロッドメイキングコンテストの入賞作品も展示

釣り道具だけに限らず、フライフィッシングをモチーフとした、さまざまなハンドクラフト作品が並ぶ

期間中、会場ではエキスパートたちによるタイイングでも実施される

水彩画、銅版画などの作品も展示・販売。1日いても飽きないイベントになっている

2018/1/29

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING